MONTH

2022年2月

出身以外でも町村役場には就職できる?選択肢を広げてみよう

町村役場の職員は、地方公務員の中でも地域に密着した役割を担っているため、採用には地元出身者が優先されるのではないかと心配する方もいるでしょう。この記事では出身地以外の町村役場への就職を考えている人のために、町村役場職員の採用について解説しています。

町村役場の就職試験、コネは必要?受験生の不安なポイントを解説!

町村役場の職員になりたいうと公務員試験の勉強を日々行なっている方にとって気になるのは、コネ採用があるのかどうかということ。公正・公平な採用が求められているものの、その噂はあとを絶ちません。そこで、町村役場職員の就職試験についての内容や流れや、実際に試験の点数以外で採用される要素について調査しました。

町村役場の福利厚生の内容は?休日や手当など働きやすさを調査

「労働環境が良い」とよくいわれる公務員ですが、公務員になるかどうか検討する人にとって、福利厚生が充実しているのかどうかは気になるポイントのひとつ。今回は町村役場の福利厚生について、休日や手当はもとより、人間ドックや宿泊施設の割引などといった具体的な恩恵も含めてご紹介します。

教員採用試験対策はいつから始める?自分に合った学習計画で合格を目指そう

教員採用試験の合格を勝ち取るためには早めの準備が必要です。自治体のホームページを見て日程をチェックし、試験までのスケジュールを作成しておくのが受験対策の第一歩となります。本記事では、教員採用試験日程を踏まえた学習計画の立て方と注意すべきポイントについてご紹介します。

教員採用試験の集団討論対策!ポイントを押さえて高評価を狙う

今回は教員採用試験の集団討論の対策ポイントについて解説します。集団討論はひとつのテーマについて受験者同士で話し合うものです。コミュニケーション能力や場面対応力などが評価されています。テーマやよく聞かれる質問例と回答のポイントを参考にして自分なりの回答を用意してみてください。

教員採用試験の倍率はどれくらい?近年の流れについても解説

文部科学省発表の「令和3年度公立学校教員採用選考試験の実施状況」をもとに、教員採用試験の倍率を学校種類別、地域別に解説しています。近年の教員採用試験の倍率の推移も合わせて記載していますので、受験予定の教員採用試験の難易度の把握にぜひ役立ててください。

教員採用試験は人物評価重視!志望動機など面接対策をしっかり行おう

今回は教員採用試験の人物評価について解説します。人柄が良ければ合格できるわけではありません。教員採用試験は自治体ごとに選考方法が異なるため、自治体ごとの対策が必要です。個別面接・集団面接などの面接方式、模擬授業や場面指導などポイントをおさえて対策しましょう。