福岡市職員採用試験 受験情報まとめ

福岡市職員採用試験合格への道のり

福岡市職員採用試験 受験情報

福岡市は福岡県西部に位置し、福岡県の県庁所在地であり政令指定都市でもあります。二千年を超えるアジアとの交流により育まれた歴史や文化の魅力、豊かな自然環境と充実した都市機能がコンパクトに整った都市空間などさまざまな財産に恵まれた都市です。こうした強みを礎として、観光・MICEの振興や国家戦略特区による規制緩和を活用したスタートアップ都市づくり、天神ビッグバン、災害に強いまちづくりなど、都市活力を向上させるための施策に積極的に取り組みながらまちづくりを進めてきました。その結果、人口は161万人を超え、企業の立地や創業が進み、市税収入は令和元年度まで7年連続で過去最高を更新しています。一方で、2011年度の「市政に関する意識調査」によると、福岡市の都市環境について不満な点として、犯罪の多さ、市民のマナーの悪さ、就業機会の少なさが上位を占めていました。また、人口が2035年頃にはピークを迎えることが見込まれるため、人口減少を踏まえた社会資本整備・更新を行う必要もあり、福岡市基本構想では、経済的な成長と安全・安心で質の高い暮らしの、バランスがとれたコンパクトで持続可能な都市として、アジアに貢献し目標とされる都市づくりに取り組むことを掲げています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

福岡市職員採用試験 募集要項

事務職、就職氷河期世代、社会人経験者のみ掲載

※年度によって若干の改訂あり

募集数※1

上級行政事務

行政一般46名、福祉1名、心理2名

中級行政事務

行政事務20名、学校事務10名

初級

行政事務45名、学校事務10名、

就職氷河期世代行政事務3名、社会人経験者行政一般・ICT10名

試験方法

上級行政事務

第1次試験:教養、専門、個別面接(行政一般のみ)、

第2次試験:論文、個別面接

中級行政事務・学校事務

第1次試験:教養、専門、個別面接(行政事務のみ))

第2次試験:論文、個別面接

初級行政事務・学校事務

第1次試験:教養

第2次試験:作文、個別面接

就職氷河期世代行政事務

第1次試験:教養、個別面接

第2次試験:論文、個別面接

社会人経験者行政一般・ICT

第1次試験:教養、論文、個別面接

第2次試験:個別面接

日程※2

第1次試験:筆記試験6月中旬、9月下旬、面接試験5月上旬~10月中旬のうち1日

第2次試験:7月中旬~9月中旬、10月中旬~12月上旬、10月上旬~10月下旬

🌸福岡市職員採用 合格のヒント🌸

県庁採用試験は出題範囲は広いのに出題数は少なく、過去問もなく、対策が難しいと感じました。解決してくれたのが自治体別問題集です。受験希望の自治体の傾向が分かり、自分に合わせた時間配分も組めて、本試験で余裕を持てました。また、要点解説講座は頻出問題に絞られているので、合格へ最短ルートで過去問さながらの勉強ができました。おかげで合格でき、良い教材に出会えて感謝です。(福岡県 S・Tさん)

県庁を志したものの勉強量に圧倒されましたが、要点解説講座で頻出問題を把握して、自治体別問題集で傾向を押さえられ、余計なお金や時間をかけずに集中できました。10日間でできる願書や論文ワークも含め、トータルで効率よく勉強できたと思います。複数の自治体で問題集と同じ出題があり、精度の高さに驚きでした。春から職員として頑張ります!(広島県 A・Nさん)