熊本市職員採用試験 受験情報まとめ

熊本市職員採用試験合格への道のり

熊本市職員採用試験 受験情報

熊本市は九州の中央、熊本県の西北部の位置にあり、阿蘇外輪火山群によってできた丘陵地帯と白川の三角州で形成された低平野からなっています。清らかな地下水や豊かな緑などの自然環境に恵まれ、熊本城をはじめとする歴史遺産と伝統文化を受け継ぐ九州中央の拠点都市です。令和3年4月で熊本地震の発生から5年の節目を迎え、仮設住宅等入居者の99%以上が住まいを再建したほか、復興のシンボルである熊本城の天守閣も完全復旧するなど、復興への歩みを着実に進めています。熊本市では、熊本地震の経験と教訓を生かした災害に強いまちづくりを進めると共に、「安心して暮らせるまちづくり」「ずっと住みたいまちづくり」「訪れてみたいまちづくり」の3つを重点的取り組みに掲げ、上質な生活都市の実現を目指しています。また、人口減少・少子高齢社会にあっても地域を活性化し経済を持続可能なものとし、住民が安心して暮らしていけるよう、熊本市と圏域の中心的役割を担う連携中枢都市が近隣市町村と連携して、「圏域全体の経済成長のけん引」「高次の都市機能の集積・強化」「圏域全体の生活関連機能の向上」の3つの取り組みを実施し、人々が集まる魅力的な圏域を形成する「連携中枢都市圏構想」を推進しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

熊本市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり

 ※事務職、社会人経験者、就職氷河期世代のみ掲載

募集人数

初級職

事務職25名、学校事務職6名

上級職

事務職 52 名程度

社会人経験者

事務職A5 名程度 、事務職B(10月採用)10 名程度、事務職(情報)1 名程度 、事務職(法務)1 名程度

就職氷河期世代対象事務職5名程度

試験方法

初級職

第1次試験:教養(択一式120分、記述式60分)

第2次試験:作文60分、口述試験(集団討論、個別面接)

上級職

第1次試験:教養150分、専門120分

第2次試験:論文90分、口述試験(集団討論、個別面接)

社会人経験者

第1次試験:基礎的な能力試験60分

第2次試験:論文90分、口述試験(集団討論、個別面接)

就職氷河期世代

第1次試験:基礎的な能力試験60分

第2次試験:作文60分、口述試験(集団討論、個別面接)

日程

初級職

第1次試験;9月下旬、第2次試験:筆記10月下旬、口述11月上旬~中旬

上級職

第1次試験;6月中旬、第2次試験:論文6月中旬、口述7月下旬~8月中旬

社会人経験者

第1次試験;6月中旬~下旬、第2次試験:8月上旬

就職氷河期世代

第1次試験;9月中旬~10月上旬、第2次試験:11月上旬

🌸熊本市職員採用試験 合格のヒント🌸

県庁採用試験は出題範囲は広いのに出題数は少なく、過去問もなく、対策が難しいと感じました。解決してくれたのが自治体別問題集です。受験希望の自治体の傾向が分かり、自分に合わせた時間配分も組めて、本試験で余裕を持てました。また、要点解説講座は頻出問題に絞られているので、合格へ最短ルートで過去問さながらの勉強ができました。おかげで合格でき、良い教材に出会えて感謝です。(福岡県 S・Tさん)

県庁を志したものの勉強量に圧倒されましたが、要点解説講座で頻出問題を把握して、自治体別問題集で傾向を押さえられ、余計なお金や時間をかけずに集中できました。10日間でできる願書や論文ワークも含め、トータルで効率よく勉強できたと思います。複数の自治体で問題集と同じ出題があり、精度の高さに驚きでした。春から職員として頑張ります!(広島県 A・Nさん)