奄美市職員採用試験 受験情報まとめ

奄美市職員採用試験 基本情報

奄美群島は、鹿児島市の南西約370~560kmの範囲に広がる有人8島の総称です。平成 18 年の市町村合併により誕生した奄美大島の北部に位置する群島の拠点都市で、南は太平洋、北は東シナ海に面しています。奄美大島には鶏飯などの郷土料理をはじめ、各種フルーツ、黒糖、それらを加工した食品、黒糖焼酎や本場奄美大島紬など、奄美ならではのお土産・特産品が豊富です。また、古くから伝わる島唄や八月踊りといった島ならではの伝統文化や、各地域で保存されている史跡・建造物など有形無形の文化財が数多く遺されています。奄美市の人口は1985年まで奄美群島で唯一増加傾向にあったものの、1990年以降は減少傾向に転じています。少子高齢化、核家族化の進行などに伴い、市民の福祉に対するニーズは多様化・複雑化しています。人々が暮らしたい島=一定程度の人口を維持できる島と位置付け、世界自然遺産登録を見据えた 観 光 / 交 流、 産 業 振 興、移 住 ・ 定 住 促 進による人口減少の克服と、重点3分野(農業、観光/交流、情報)を基軸とした雇用の創出を重点プロジェクトに掲げ、「自然・ひと・文化が共につくるきょらの郷(しま)」を目指して、まちづくりに取り組んでいます。

奄美市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般事務若干名

試験方法

第1次試験:教養試験2時間、作文試験1時間

第2次試験:集団討論、職場適性検査20分

第3次試験:個別面接

日程

第1次試験:9月19日、第2次試験:10月中旬から下旬、第3次試験:11月中旬~下旬

試験の配点

奄美市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

奄美市職員採用試験は、毎年8月から募集を開始し、9月中旬に締め切って10月に行われるものであるため、その日程を確認しておくことが重要となります。また奄美市職員採用試験では毎年それぞれの職種によって募集人員が異なったり、あるいは募集が行われなかったりする職種もあるので、この点は十分に注意しなければなりません。早めに募集案内を入手し、その内容を確認しておくことが必要です。
試験は筆記試験と面接、また職種によっては小論文があります。筆記試験対策は一般教養や時事問題等の理解を深めることが重要であり、日ごろから新聞などをチェックしておき社会の情報を積極的に入手しておきましょう。面接対策は特に難しい質問がされる事は少ない傾向にあるため、しっかりと自分の意見を明確に述べることができるよう訓練をしておくことが良いでしょう。
小論文は日頃あまり書くことのない手書きの文章を作成するものとなるため、事前に訓練をしておかないと時間内に作成することができない場合が少なくありません。そのため小論文がある職種を受験する場合には、小論文対策をしっかりと行い、文章の組み立てと手書きでの文字の記入を確実に行うことができるようにしておくことが大切です。


奄美市職員採用試験対策問題集

奄美市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。奄美市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に奄美市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。奄美市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、奄美市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。