富士吉田市職員採用試験 受験情報まとめ

富士吉田市職員採用試験 基本情報

富士吉田市は富士山を中心とした豊かな自然を背景に、独自の歴史・伝統・文化を培い、富士北麓地域の政治・経済・文化の中心都市として発展してきました。山梨県の南東部、日本一の標高と美しさを誇る富士山の北麓に位置し、市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、御師文化の面影が今も残されています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、政治・経済・文化の面で富士北麓の中核都市としての役割を果たしてきました。国勢調査によると市の人口は年々減少傾向にあります。少子高齢化が進み、核家族世帯や独居世帯が増加している中、社会的に孤立することなく、地域に住む人がかかわりあい、支えあいながら生活することを重視しており、地域福祉の担い手となる可能性のある市民を、支援を必要とする人にいかにしてかかわらせていけるかや、機会や場の提供、横断的なネットワークの構築に行政として取り組んでいくことが重要であるとしています。さらに生活環境を整備するためにユニバーサルデザインのまちづくり、バリアフリー化の推進も必要としており、地域の課題解決に向けて住民、行政、関係機関、事業者等が協働して取り組んでいます。

富士吉田市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般行政12名程度、職務経験者対象行政2名程度

試験方法

第1次試験:書類選考、一般教養、事務適性検査

第2次試験:論文、面接試験

第3次試験:面接試験

日程

第1次試験:9月19日、第2次試験:10月中旬、第3次試験:11月上旬

試験の配点

富士吉田市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

富士吉田市職員採用試験の対策は筆記試験対策と小論文対策、面接対策で成り立ちます。当然ですが、試験当日は限られた時間の中でいかに早く、正確に答えられるかが鍵を握ります。
特に筆記試験対策はその傾向が強いですから、サクサクと答えていけるようにしたいものです。教養を始めとした一般常識や知識が問われるので、そこに重点を置いた自治体別問題集を手に勉強しましょう。
小論文対策は小論文の書き方、論文とは何かを理解した上で読みやすい内容を構築するスキルの習得が重要となります。こちらも練習がポイントとなりますが、やはり効率的に勉強する方法で対策に取り組みたいところです。
面接対策は一般的な面接の基本の理解に加えて、市職員ならではの振る舞いを身につけることが大切です。なるべく面接官に見立てられる人物がいた方が良いので、協力してもらえる人を見つけて対策に取り組みましょう。いずれもワークやお手本、客観的に評価してくれる人の存在が勉強の効率を左右します。試験本番では時間配分も重要になってくるので、それも考えながら対策に励みたいものです。
地方公務員としての素養が判断される試験ですから、それを意識しながら筆記試験対策や小論文対策、面接対策を行いましょう。


富士吉田市職員採用試験対策問題集

富士吉田市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。富士吉田市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に富士吉田市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。富士吉田市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、富士吉田市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。