春日井市職員採用試験 受験情報まとめ

春日井市職員採用試験 基本情報

春日井は中部圏最大の都市の名古屋市に隣接し、鉄道・道路・空港などの利便性の高い交通網と快適な都市基盤を備え、名古屋圏を代表する住宅都市として発展してきました。また、広域交通基盤の結節点としての優位性を生かして、企業の誘致や成長支援などに積極的に取り組んできた結果、現在は第3次産業が中心の産業構造となっています。市の人口は、多くの市町村において既に人口減少が進むなか2020年まで増加を続けてきました。しかし、今後は緩やかに減少が進むことが見込まれます。また、生産年齢人口(15~64歳の人口)と年少人口(14歳以下の人口)が減少する一方で、高齢者人口は増加し続け、少子高齢化が一層進行することが見込まれています。将来にわたって持続可能な都市を築くために、人口減少に少しでも歯止めをかけるとともに、少子高齢化や人口減少に適切に対応したまちづくりを推進することが必要とされています。そのために、「生活と健康を守り、生涯にわたって幸せに暮らすことができるまち」「安心して子どもを産み育てることができるまち」「思いやりと生きがいが育つまち」「春日井の魅力を明日へつなぎ、未来を創るまち」の四つの基本目標を掲げ、総合的なまちづくりを展開しています。

春日井市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

6月実施20名程度、9月実施4名程度

試験方法

6月実施

第1次試験:面接 、筆記(事務適性試験、教養試験)

第2次試験:面接

9月実施

第1次試験:筆記(事務適性試験、教養試験)

第2次試験:面接

日程

6月実施

第1次試験:面接 6月20日、筆記 7月11日、第2次試験:8~9月

9月実施

第1次試験:9月19日、第2次試験:10~11月

試験の配点

春日井市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

春日井市の職員になりたいと思った場合、しっかりとした試験対策をした上で本番に臨むことが大切です。春日井市においても筆記試験対策と面接対策、そして小論文対策が重要になるでしょう。
一般的な職員の筆記試験では、主に事務系と技術系の2種類に分けられます。上級、中級、初級の3種類に分けられることもあり、それぞれ問題の難易度が異なります。このうち上級では大学卒業程度の知識が必要になるでしょう。技術職の場合は問題が専門的になる傾向にあり、さらなる対策が必要です。
筆記試験に続いて面接試験の結果も重要ですが、一般の会社に比べると安定した質問をされることが多く、常識的な対策を行えば切り抜けることができるでしょう。ワークを使えば、試験前の練習や対応の見直しを前提にした対策が可能です。
作文が苦手な人にとっては小論文対策が大切になります。論文には基本的な定形があるため、できるだけ一般常識に添った形で書き進めることをおすすめします。論文の場合、どこが間違っているのか自分では判りにくいなどの難点があります。市職員の採用試験では飛び抜けて難しかったりユニークだったりといった課題はあまり出ない傾向にあるため、ワークで一般的な書き方を復習しておきましょう。


春日井市職員採用試験対策問題集

春日井市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。春日井市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に春日井市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。春日井市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、春日井市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。