北茨城市職員採用試験 受験情報まとめ

北茨城市職員採用試験 基本情報

北茨城市は茨城県の最北端に位置し、南は高萩市、北は福島県いわき市と接しています。また、市の総面積の約80%は山林で、東部は低地で海岸に面し、市内を流れる流域には豊かな平坦地がひらけています。古くから農業や漁業を中心に栄えましたが、常磐炭田の中核として活況を呈し、今日では工業地帯として飛躍的な伸展を見せています。また、平潟・大津・磯原地区では温泉・鉱泉が湧き出し、民宿・旅館が立ち並ぶ観光の名所となっています。北茨城市は「安心 快適 住みたいまち、人・自然・まち・文化 みんなでつくる北茨城」を目指してまちづくりを推進してきました。この間、ICT社会の進展、地球規模での環境問題の深刻化、社会経済構造の変化など市を取り巻く社会情勢は大きく変化しています。また、東日本大震災という未曽有の災害を経験し、自然災害への対応だけでなく、人々の価値観の変化による市民ニーズの多様化など、行政を取り巻く環境は厳しさを増しています。そこで、社会情勢や政策課題に的確に対応する視点、市民と行政が未来を共有し協働で取り組む視点、まちの魅力とブランド力を高める視点などの視点から、時代の要請に的確に対応した実効性のある計画を策定しています。

北茨城市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

4名程度

試験方法

第1次試験:教養試験、作文試験、漢字試験、職場適応性検査 、事務適性検査

第2次試験:口述試験 、ストレス耐性テスト 、身体検査

日程

第1次試験:10月17日、第2次試験:11月下旬頃

試験の配点

北茨城市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

北茨城市職員採用試験対策は、筆記試験対策と小論文対策、そして面接対策が大事な要点です。
筆記試験対策は教養試験が中心ですから、広く何でも答えられるように、様々な出題を想定した勉強をしたいところです。
いわゆる事務の適性も問われるので、スピーディーかつ正確なことを意識して対策することをおすすめします。
自治体別問題集が手元にあると便利ですし、効率的に狙いを定めて対策することができます。
小論文対策は小論文を書くスキルがポイントになるので、小論文の基本と組み立てを勉強して身につけるべきです。
これは小論文の書き方が分かるワークを参考に、内容が伝わる完成度の高い小論文の構築ができるようにしましょう。
面接対策は本番を想定して模擬的に対策するのが効果的で、自分でイメージしながら取り組むよりも、面接官役の人がいた方が良いです。
相手がいれば客観的にアドバイスしてもらえますし、すぐに問題点に気がついて対策できるので理想的です。
いずれにしても、教材や協力してくれる人がいるのといないのでは大違いですから、なるべく効率的に勉強できる環境を整えてから対策に励みたいものです。
試験勉強は時間との勝負なので、1分1秒を無駄にしないよう効率を考えて取り組むことが重要です。


北茨城市職員採用試験対策問題集

北茨城市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。北茨城市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に北茨城市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。北茨城市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、北茨城市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。