長井市職員採用試験 受験情報まとめ

長井市職員採用試験 基本情報

長井市は山形県の南西部にある西置賜地域のほぼ中央に位置し、地域経済や都市機能においても中心的な役割を担っています。

豊かな水で育まれてきた田園風景や江戸時代に最上川舟運で栄えた問屋や豪商の面影を残す歴史的建造物に代表されるように、自然的な土地利用と都市的な土地利用のバランスが良く、自然景観や地勢を生かしてコンパクトなまちが形成されていることが特長です。

人口の社会減少の中心は 15 歳から 29 歳の年代で、若い世代の市外への流出が続いています。子育て世代の定着のためには働きながら安心して子育てできる環境の整備が必要で、世界を相手に挑戦できるような子どもを育てるレベルの高い教育を実施するとともに、将来の定着につなげることも重要とされています。

「長井の子育て魅力 UP 戦略」により、充実した子育てや教育の環境を整え、「子どもを育てるなら長井市」の実現を目指しています。また、労働力人口の減少による地域の人材不足が顕著となっており、UIJ ターンなど市外から人材の誘致のため、「長井で働く魅力 UP 戦略」では、製造業をはじめとした産業の振興に加え、新規就農や起業創業の支援、観光地域づくりなどにより多様な仕事を生み出すことを目指しています。

長井市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

行政若干名

試験方法

第1次試験:教養試験120分、適性検査30分、第2次試験:作文試験、集団面接、個別面接

日程

第1次試験:9月19日、第2次試験:10月 下旬

試験の配点

第1次試験:教養試験100、第2次試験:作文試験50、集団面接250、個別面接375

長井市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

筆記試験対策で力を入れるべき事は、幅広い範囲から問題の出題が行われても的確に解答できるようにできるだけ時間に余裕を持って学習に着手する事です。

出題される問題の難易度は中学校で学んだ事や高校で学んだ事なので突出して難易度が高い様子ではないものの、問題数が多いが故に1つずつを着実に正解していく必要が高いため、幅広い範囲に目を向けて理解を深めるようにしましょう。

面接対策については基本的な答えと共に伝えられる内容を用意しておくのがポイントになり、基本的な答えと共に追加の答えも用意しておけば、やり取りがきっかけになって新たな質問が投げかけられたとしても、円滑に伝えられます。

また、面接対策では投げかけられる質問がシンプルでありながらも1分間などの時間が定められている事例が稀有ではないため、質問に関する解答が決められた時間通りにできるように話す練習も行いましょう。

そして、面接は質問に解答する流れではあるものの、普段の会話とは異なるので自然な状態になるように前もって他者と練習を繰り返しておくのも良い面接対策になります。

小論文対策は誤字脱字が発生していないのはもとより、読み手にとって内容が正しくてわかりやすく構成していく事や、一貫して示されているテーマに則って記していくのも大切です。


長井市職員採用試験対策問題集

長井市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。長井市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に長井市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。長井市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、長井市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。