能美市職員採用試験 受験情報まとめ

能美市職員採用試験 基本情報

能美市は石川県の南部、加賀平野のほぼ中央に位置し、県都金沢へは北東約20kmの距離、南には小松空港がある小松市が隣接しながら、海・山・川・平地の自然に恵まれた豊かな地勢です。能美地域一帯は「遺跡の宝庫」と言われるように原始から近世に至る遺跡が密集しています。とくに国の史跡である能美古墳群はそのシンボルで開拓が容易で肥沃な能美の地に政治拠点を置き政治経済基盤を築きあげました。能美市の人口は2010 年から2015 年にかけて緩やかに増加したものの2020 年をピークに減少に転じ、人口減少が早く進行していくことが見込まれます。したがって人口減少対策や人口減少による人手不足や人財の育成・確保が大きな課題として挙げられます。また、ものづくりのまちを標榜する市は特殊技能を持った中小企業の数が多く、伝統工芸九谷焼の産地としても知られますが、人財不足や担い手不足、事業承継の課題が少子高齢化の影響により顕在化しており今後の対策が必要と考えられています。これらの課題を解決するために、「子育て・住環境の充実」「産業振興・企業誘致・人財不足対策」「交流人口の拡大」「教育力の向上」「安全・安心のまちづくり」の5本の柱を重点施策として掲げ、持続可能な未来都市計画を進めています。

能美市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

行 政 職(上級)6人、行 政 職(上級)(デジタル枠)1人、

試験方法

第1次試験:教養試験60分、作文試験60分、適性検査35分

第2次試験(第1次試験合格者):個人面接

日程

第1次試験:年9月19日(日)

第2次試験:(個人面接第)1次試験合格通知書にあわせて通知

試験の配点

能美市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

能美市職員採用試験は、筆記試験があるので、しっかりポイントを抑えて筆記試験対策をおこなうようにする必要があります。筆記試験は第一次試験でおこなわれます。公務員として必要な一般的な知識や能力についておこなわれる筆記試験になります。出題方法は択一式になるので、マークシートから回答する方法になり、試験時間は60分なので時間配分をしっかりおこなう必要があります。小論文もあり、小論文対策は、課題式による作文試験になるので何を問われているのか正確に読み取って応えるべきポイントをしっかり押さえることが大切になります。小論文では思考力や文章による表現力が問われます。試験時間が60分になり、700文字以内の小論文を作成することになります。面接は一次試験を合格した者が対象になります。個人面接になるので、面接対策を十分におこなっておく必要があります。面接時は入室のときから面接官に見られているので、行動ひとつひとつに気を配る必要があり、態度や話し方など細かくチェックされるので気を付ける必要があります。集団面接よりも質問が多くなる傾向にあるので、どのような質問にも対応することができるように日ごろからシミュレーションしておくと良いです。


能美市職員採用試験対策問題集

能美市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。能美市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に能美市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。能美市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、能美市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。