所沢市職員採用試験 受験情報まとめ

所沢市職員採用試験 基本情報

所沢市は都心から30㎞の首都圏にあり、埼玉県西部地域に位置する都市です。

鉄道交通の面では、市全域で西武鉄道4路線、JR東日本1路線、あわせて11の駅があり、都心へのアクセスも短時間で利便性が高くなっています。また、東部には関越自動車道所沢インターチェンジが位置し、西部には首都圏中央連絡自動車道入間インターチェンジが隣接するなど交通の要衝となっています。

都心に近く、県西部地域の中心的な都市でありながら、狭山茶やさといも、にんじん、ほうれん草などの露地野菜を中心とした農業も盛んであり、焼だんご、手打ちうどんといった食文化、雛人形や押絵羽子板のような工芸、重松流祭囃子などの伝統が育まれています。

今後10年間に目指すべき姿を市のまちづくりに関わるすべての人たちと共有するため、将来都市像 を「絆、自然、文化 元気あふれる よきふるさと所沢」と掲げ、「(1)人と人との絆を紡ぐまち」「(2)子どもが大切にされるまち」「(3)健幸長寿のまち」「(4)みどりあふれる持続可能なエコタウン」「(5)魅力・元気・文化を誇れるまち」「(6)自然と調和する住みよいまち」「(7)未来を見つめたまちづくり」の7つの目標を定め、相互に連動しながら持続可能なまちづくりを目指しています。

所沢市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

第1回30名、第2回17名、民間企業等経験者3名

試験方法

第1回

第1次試験:エントリーシート作成、第2次試験:プレゼンテーション型面接、SPI試験、第3次試験:個別・集団面接

第2回

民間企業経験者

第1次試験:筆記試験120分、(民間企業経験者:筆記試験75分、アピールシート)、第2次試験:集団討論、第3次試験:個別・集団面接

日程

第1回

第1次試験:4月30日~5月2日、第2次試験:5月下旬~6月下旬

第3次試験:7月中

第2回

民間企業経験者

第1次試験:9月19、第2次試験:10月18日(民間企業経験者10月17日)、第3次試験:11月上旬~中旬

試験の配点

所沢市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

埼玉県所沢市の役所などに勤務したい場合には、所沢市職員採用試験に合格しなければいけなりません。このときのワンポイントアドバイスとして知っておきたい事は、まず筆記試験対策です。この筆記試験対策は、自治体別問題集でポイントを押さえた勉強することが重要でしょう。苦手な問題と得意な問題が必ずあるかもしれませんが、得意な問題からスタートすることをおすすめします。つまり得意な分野のレベルを高めてから、苦手な分野に取り組みましょう。得意な分野としては、自治体別問題集を行って、9割程度解ければ問題ありません。すべて解こうとすると、他の部分まで手が付けられない可能性があります。逆に苦手科目は、1番最後に回すのが得策と言えるかもしれません。
面接対策は、志望動機が言える事は重要ですが、それだけでなく自己アピールができることも重要です。小論文対策は、普段から客観的に物事を見ることができるか問われるため、必ず客観的に文章を書けるようにしなければいけないところです。


所沢市職員採用試験対策問題集

所沢市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。所沢市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に所沢市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。所沢市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、所沢市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。