鳥取市職員採用試験 受験情報まとめ

鳥取市職員採用試験 基本情報

鳥取市は鳥取県の因幡地方に位置し、鳥取県の県庁所在地で、中核市に指定されています。

中国地方の地方中枢都市の広島県広島市から陸路で300km離れていますが、山陰地方の中では特に京阪神地方との結び付きが強いことから、山陰地方における東の玄関となっています。

鳥取市の人口は2020年12月現在、全国の県庁所在地の中では一番少なく、将来に向けた経済的不安などの影響から少子化や人口減少が進行し、また高齢化も同時に進行する状況に直面しています。さらに近年の有効求人倍率の状況やサービス業の特化係数が1を下回っていること、市民アンケート調査で雇用促進や企業誘致が優先すべき施策と捉えられていることなどからも、若年層の就職ニーズに合った産業基盤が十分とは言えない状況にあります。

これらを踏まえて、就職が理由と思われる若年層の都市部への流出の流れを変えて市への定住を促進するとともに、子どもを持ちたいという希望をかなえる施策を一層強化し、経済を下支えする中小事業者の活力創出、不足している事務職求人企業の誘致や新規参入に資する情報通信インフラの整備を集中的に進めるなど、若年層の定住促進を図るための経済・雇用施策を推進しています。

鳥取市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般事務A 25名程度、一般事務B 2名程度、社会人経験者3名程度

試験方法

一般事務A

一般事務B

第1次試験:教養試験120分、事務適性検査10分

第2次試験:論文試験1時間30分、人物試験、職場適性検査20分

社会人経験者

第1次試験:職務基礎力 試験90分、職務適応性検査20分

第2次試験:論文試験1時間30分、人物試験

日程

一般事務A

第1次試験:6月20日、第2次試験:7月下旬~8月上旬

一般事務B、

社会人経験者

第1次試験:9月19日、第2次試験:10月下旬

試験の配点

鳥取市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

鳥取市職員採用試験は、事務や社会福祉・保健師・保育士などの募集があり、職種によっておこなわれる試験内容が異なるので注意する必要があります。

鳥取市職員採用の筆記試験では、事務の場合は、大学卒業程度の教養試験と専門試験が出題され多岐選択式になります。筆記試験対策としては、自治体別問題集を行っておくと有利に働きます。過去の教養試験では環境問題や働き方改革関連法などが出題されているので、時事問題などの知識も必要になります。

過去の専門試験の出題内容は、消費関数や教育をうける権利など多岐にわたります。小論文も実施されるので、小論文対策もしっかりおこなっておくと良いです。こどもがまきこまれる事件や事故を防ぐために必要な対策などの課題が出題される傾向にあります。論文の内容は比較的自由に記述しても良く、受け売りではない自分自身の考えを言葉で具体的に述べる必要があります。

面接では、人となりや性格などをチェックされ、公務員にふさわしい人材か判断されます。面接対策としては、面接官の質問に対してわかりやすく自分の意見などを伝えるようにすると良いでしょう。市民に対してどのような対応で接することができるのかなどもチェックされるので、面接で良い印象を与えることが大切になります。


鳥取市職員採用試験対策問題集

鳥取市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。鳥取市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に鳥取市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。鳥取市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、鳥取市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。