つくば市職員採用試験 受験情報まとめ

つくば市職員採用試験 基本情報

つくば市は1960年代から筑波研究学園都市として開発が進み、現在は日本国内最大の学術都市となっています。市内には国や大手企業の研究拠点が多数存在し、数百に及ぶ研究機関・企業と日本人の博士号取得した多数の研究者を擁しています。このように研究者や大学生が数多く住んでいるため、現在の人口は約24万人で水戸市に次ぐ県内2位の人口となっています。つくば市はこれまで、知的集積の割に国際的に高い評価を得られるような実績が少ないこと、基礎研究等に重点が置かれて新事業・新産業の創出に結び付いた例が必ずしも多くないことなどが課題としてあげられてきました。さらに日本は急速な少子高齢化、エネルギー政策など深刻な問題にも直面しています。こうした課題の解決ために、国際戦略総合特区の事業を中心にした産学官連携の拠点となる「つくばグローバル・イノベーション推進機構」を設立して、ライフイノベーションとグリーンイノベーションを柱としたプロジェクトを進めています。また、つくば市は2018年6月に茨城県内唯一の「SDGs未来都市」に選定され、2021年3月に策定した「つくば市SDGs未来都市計画」を基に具体的な取り組みを進めています。

つくば市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用  ※事務職のみ掲載

募集人数

30名程度

試験方法

1次試験:WEB試験

 基礎能力検査  約20分、事務能力診断検査  約40分

2次試験:筆記試験

基礎能力試験:45 分

3次試験:集団面接(予定)

最終試験:個別面接試験(予定)、適性検査

日程

1次試験:5 月 25 日(火)~6 月 1 日(火) 、2次試験:6 月 20 日(日)(予定)

3次試験:7 月(予定)、最終試験 8~9 月(予定)

試験の配点

つくば市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

つくば市の職員採用試験は年度によって試験内容が異なるため注意が必要です。令和3年度はWEB方式が導入される予定となっています。一次試験は自宅などで受けるWEB試験です。基礎能力検査は約20分、事務能力診断検査は約40分で回答しなくてはなりません。二次試験はマークシート方式でおこなわれます。筆記試験対策はそれぞれの職種によって異なり、事務職や保健・保育・栄養士と幼稚園教諭の場合は基礎能力試験ですが、土木職や建築職の場合には専門試験となります。土木職・建築職もそれぞれ出題内容に違いがあるため、それぞれ対策をしておくことが必要です。三次試験は面接試験となり集団面接が予定されています。さらに三次試験を通過した場合には、最終試験となる個別の面接と適性検査がおこなわれます。一次・二次試験に通っても、これらの面接で落とされる可能性も考えられるため面接対策は必要です。受け答えにより市職員としての適性を問われるため、心構えや対応の仕方を研究しておくことをおすすめします。論文試験は令和3年度の市職員採用試験の試験科目には表記されていません。ただし今後変更になる可能性もあるので小論文対策として自分の意見をまとめる訓練をしておくと良いです。


つくば市職員採用試験対策問題集

つくば市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。つくば市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊につくば市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。つくば市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、つくば市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。