宇和島市職員採用試験 受験情報まとめ

宇和島市職員採用試験 基本情報

宇和島市は愛媛県西南部に位置しており、西は宇和海に面し、入り江と半島が複雑に交錯した典型的なリアス式海岸が続き、4つの有人島と多くの無人島があります。東側の鬼ヶ城連峰は、海まで迫る急峻さを備え起伏の多い複雑な地形をしています。海岸部の平野や内陸部の盆地には市街地や集落が点在しています。現在、少子高齢化・人口減少、地方分権の進行、地方産業・経済をめぐる環境の深刻化など、市を取り巻く情勢は今後ますます厳しさが増大していくことが予想され、地域資源を見つめ直していく必要があるとされています。宇和島市はマダイ、ハマチ、真珠、柑橘は全国有数の生産量を誇り、じゃこ天、宇和島鯛めしなど全国に誇る食文化も魅力の一つになっています。また、宇和島伊達10万石の城下町として栄えてきた歴史があり、国指定の宇和島城天守をはじめ無数の文化財が継承されてきました。さらには、遊子水荷浦の段畑、岩松地区の建造物群といった文化的に重要な景観や、牛鬼、闘牛といった地域に根付いた伝統があります。このような地域特性を生かしたまちづくりを継承し、次世代を担う人材を共に育て、希望ある未来を創造していくこと、さらにそれらを市内外問わず積極的に発信しています。

宇和島市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定※事務職のみ掲載

募集人数

行政事務A10名程度、行政事務B3名程度、行政事務(社会福祉士)1名程度、社会人経験者若干名

試験方法

A・B・社会福祉

第1次試験:筆記試験、面接試験、第2次試験:面接試験

社会人経験

第1次試験:自己アピール試験、WEB面接試験、性格検査

第2次試験:面接+プレゼンテーション試験

日程

A・B・社会福祉

第1次試験:7月10日・11日、第2次試験:9月1日or 2日

社会人経験

第1次試験:8月2日~9月19日、第2次試験:11月上旬

試験の配点

A・B・社会福祉

第1次試験:筆記試験100、面接試験100、第2次試験:面接試験200

社会人経験

第1次試験:自己アピール試験100、WEB面接試験100

第2次試験:面接+プレゼンテーション試験200

宇和島市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

愛媛県宇和島市では、毎年わずかに職員を募集していますが宇和島市職員採用試験を受ける場合、どのようなところに気をつけるべきでしょうか。まず筆記試験対策としては、合格点を取れるような勉強をすれば良く、満点を取る必要はないでしょう。受験生の中には、すべてできるように勉強する人もいますが、限られた時間の中で勉強する場合には、そのような勉強は避けた方が良いでしょう。かといって、合格点ギリギリの得点を取れるような勉強も、少し間違えただけで一気に不合格になる可能性があるため、できれば合格点よりも15点位上の得点を取るような勉強した方が良いです。
まずは基本事項を全て学び、後は標準的な問題はある程度解けるようにしておくことです。難しい問題も見受けられるかもしれませんですが、それらは無視して構わないでしょう。限られた時間の中で行う以上は、誰もが取れるような問題を確実に取っておくべきです。
面接対策も重要ですが、普段から自分の考えをまとめておくことが必要です。特に宇和島市が求めている職員を意識した喋り方ができれば合格に近づくでしょう。小論文対策は、正しい論文の書き方を学ぶことも重要ですが、普段から時事問題に詳しくなっておくことが大事です。


宇和島市職員採用試験対策問題集

宇和島市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。宇和島市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に宇和島市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。宇和島市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、宇和島市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。