結城市職員採用試験 受験情報まとめ

結城市職員採用試験 基本情報

結城市は関東平野のほぼ中央、茨城県西北端の県境に位置し、茨城県の西の玄関口となっています。市域の北端の市街地に中世城下町の原形をとどめる数少ない都市で、市域の南部は鬼怒川流域で最も安定した肥沃な沖積層の水田地帯と洪積層の畑地に分かれる農業地帯になっています。古くから農業が盛んで、米穀はもとより首都圏の生鮮野菜供給地として白菜・レタス・トマトなどの露地野菜等多くの農産物が生産されています。近年では本格的な人口減少社会の到来、少子高齢化の進行、環境問題の深刻化、高度情報化、国際化など市を取り巻く環境は急激に変化しています。また、地方分権の進展や多発する自然災害等に対する安全・安心への意識の高まりなど市民の価値観やニーズも多様化している状況を踏まえ、総合的でバランスのとれた市へと向上を図るため、2021年度からの10年間を計画期間とする「結城市総合計画」を策定し、市のさらなる発展と誰もが安心して暮らせる持続可能なまちづくりを目指しています。なお本計画において、本市の人口減少対策に資する事業を重点プロジェクトに位置付け既存の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」と一体化した計画となるよう調整しています。

結城市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

7名程度

試験方法

第1次試験:教養120分、適性検査60分、作文60分

第2次試験:口述試験(集団討論、個人面接)

日程

第1次試験:9月19日、第2次試験:11月上旬

試験の配点

結城市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

結城市職員採用試験の対策は、受験した人や合格者の体験談に目を通しつつ、筆記試験対策や小論文対策と面接対策に取り組むことが大事です。
実際に体験した人の話は参考になりますし、何より励みになるので目を通してみることをおすすめします。
筆記試験対策は一般常識や教養、市職員に必要な知識などを頭に入れて、出題傾向を意識しながら対策することが大切です。
出題傾向が分からないと、対策しようにも非効率的になってしまうので、自治体別問題集を用意して取り組みましょう。
小論文対策も重要性が高い対策の1つですから、ワークを利用して書き方を理解して実践してみたり、効率良く完成度の高いものが書けるように練習を繰り返すことが大切です。
課題や内容の理解が肝心ですから、課題を読み解き何を書くべきか、何が求められているか分かるように対策しましょう。
本番当日は想像以上に緊張したり時間を確認する余裕がなくなるので、普段から時間配分を体で覚えておきましょう。
そうすれば時間を頻繁に確認する必要がなくなりますし、その分試験に集中できて効率的に答えられるようになります。
どの対策も重要性でいえば同じくらい重要ですが、面接対策もまた他とは違った対策が必要ですし、いかに本番を想定して十分に対策できるかが合格の鍵を握ります。


結城市職員採用試験対策問題集

結城市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。結城市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に結城市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。結城市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、結城市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。