広島市消防採用試験 受験情報まとめ

広島市消防採用試験 基本情報

広島市消防局は、広島市全域および安芸郡海田町、熊野町、坂町、山県郡安芸太田町、廿日市市を管轄しています。管轄面積は約1,457平方キロメートル、消防職員数は1,335名となっています。広島市消防局は、2部7課1室に分かれており、それぞれ、総務課、職員課、施設課、警防課(警防部)、救急課(警防部)、予防課(予防部)、指導課(予防部)、消防団室となっています。これに加え8消防署、32出張所が設置されています。広島市消防採用試験に合格したあとは、消防の基礎を学ぶために、広島県消防学校で全寮制のもと、初任教育を受けることになります。広島消防学校は、社会情勢の変化や技術の発展に的確に対応するために、住民から期待される水準を満たす消防に関わる知識および技能の効率的かつ効果的な収録を図り、適切公正、安全かつ能率的に業務を遂行できるよう、消防職員および消防団員の資質を高めることを教育基本方針としています。初任教育の期間は6カ月間です。授業は座学と実習があり、座学では公務員に必要な法律知識や火災のメカニズムについて学び、実習では心肺蘇生や消火訓練・消火機器の取扱訓練などを行っています。総時間数は805時間の訓練期間となります。

広島市消防採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(Ⅰ種:大学卒程度)

5名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 専門試験 小論文試験(第2次試験で評価)

日程

令和3年6月20日(日)

第2次試験

試験方法

個別面接試験 身体検査

日程

令和3年7月2日(金)~30日(金)のうち1日

第3次試験

試験方法

個別面接試験 集団討論試験 身体検査 体力試験

日程

令和3年8月12日(木)~9月7日(火)のうち1日

試験の配点

第1次試験

教養試験150点 専門試験150点

第2次試験

面接試験300点 小論文試験200点

第3次試験

面接試験400点 集団討論試験200点 体力試験100点

募集人数(Ⅱ種:高校卒程度)

40名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 小論文試験(第2次試験で評価)

日程

令和3年9月26日(日)

第2次試験

試験方法

個別面接試験 身体検査

日程

令和3年10月12日(火)~25日(月)のうち1日

第3次試験

試験方法

個別面接試験 身体検査 体力試験

日程

令和3年11月8日(月)~11月30日(火)のうち1日

試験の配点

第1次試験

教養試験300点

第2次試験

面接試験300点 小論文試験200点

第3次試験

面接試験400点 体力試験100点

広島市消防採用試験対策ワンポイントアドバイス

教養試験対策について思慮する際に大切なのは、1次の試験にて合格基準に達した者のみが2次の試験が受けられる仕組みであるので、採用はもちろん2次に進むためにも1次を万全な状態にしておく必要があります。
1次の教養試験は数的処理と共に文章理解によって構成されていますが、数的処理は出題数が多いので合格基準に達するにはしっかりと正答数を多くできるようにしておくのが大切です。
文章理解については現代文と英文、古文があり、大学における入学試験と同等のレベルなので、日頃から新聞などに目を向けて文章の読解力を高めておく必要があります。
他にも教養試験対策では一般知識の科目できっちりと得点が得られるように社会や人文、自然科学に至るまで幅広く理解を深めておきましょう。
2次の面接対策はあらゆる角度から投げかけられる質問に答えられるようにしておくのが大切ですし、面接日の新聞に掲載されていた内容にまで質問が及ぶ事例も珍しくないので、時事についても高い関心を持っておくのも大事です。
そして、あらゆる試験対策をする際には、消防士として採用されて助けを必要としている人達をサポートしている様相をイメージすると、モチベーションが高く維持し続けられます。


広島市消防採用試験対策問題集

広島市消防採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。広島市消防採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に広島市消防採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。広島市消防採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、広島市消防採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。