粕屋北部消防本部消防職員採用試験 受験情報まとめ

粕屋北部消防本部消防職員採用試験 基本情報

粕屋北部消防本部は福岡県の古賀市にあり、地域の安全を守るため、多くの消防職員が日々活躍をしています。火災などの際の消火活動、災害や交通事故などの際の救助活動、負傷者への救急対応をはじめ、災害現場などでは現場本部を設置し、司令塔としての役割も果たします。特に救急出動は、消防活動の中でも最も出動件数が多く、年々増加傾向にあるため、正確な観察と迅速な判断が求められる仕事です。また、危険物を扱う施設などで事故が起きないよう、点検などを行う予防活動も重要な消防の活動のひとつです。粕屋北部消防本部の組織は、消防本部に総務課、警防課、予防課があります。分署である新宮分署も消防本部に所属しています。そして、消防署は大きく事務系列と活動系列に分かれ、活動系列では細かく大隊長、中隊長、小隊長という組織作りがされています。また、自主防災組織である粕屋北部地区防災協会として、「広げよう防災の輪と地域のわ」をテーマに事業所での防災体制の強化、事業所間の融和と強調、地域への防災意識の普及のため、各種研修会や防火イベントを行っていることも特徴のひとつです。

粕屋北部消防本部消防職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防吏員1人程度

試験方法

第1次試験

教養試験、適性検査、体力検査

 

第2次試験

論文試験、面接試験(個別面接)

 

第3次試験

面接試験(個別面接)

試験の配点

日程

第1次試験:令和3年10月17日

第2次試験:論文試験 令和3年11月10日

      面接試験 令和3年11月24日

第3次試験:令和3年12月16日

粕屋北部消防本部消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

粕屋北部消防本部消防職員採用試験に臨むときの対策をアドバイスします。基本的には公務員ということになりますので、他の地域の消防職員の試験内容とほとんど変わらないでしょう。

第一段階で書類選考となりますが、教養試験も行われます。教養試験対策で重要な事は、広く浅くというのも有りますが公務員用の自治体別問題集を購入してやりこむ事です。浅く勉強をしていればどこかは当たるかもしれませんが、やはりある程度はやりこんでおく必要があります。問題の数を多くこなすことよりも、出題傾向なども絞っていくことも求められますので優良な問題集を何度もやるというのが理想です。

面接対策は、ワークを参考にすると良いでしょう。どういった内容で質問されて、どのような答えをすればよいのか、自分なりに考えておく事で臨機応変に答えていくことが出来るでしょう。正解はありませんが、正直であったり一生懸命であるというのは答えから見える事も大事です。

小論文対策に関しても、ワークを活用しましょう。その上で時事問題が出題される可能性も高いので少し予想はしておくと良いでしょう。誤字脱字の無いように仕上げましょう。


粕屋北部消防本部消防職員採用試験対策問題集

粕屋北部消防本部消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。粕屋北部消防本部消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に粕屋北部消防本部消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。粕屋北部消防本部消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、粕屋北部消防本部消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。