宮古地区広域行政組合消防本部採用試験 受験情報まとめ

宮古地区広域行政組合消防本部採用試験 基本情報

宮古地区広域行政組合消防本部は、岩手県宮古市、下閉伊郡山田町、岩泉町、田野畑村を管轄しており、管轄面積は2,672.43平方キロメートルにわたります。また、消防吏員数は204名となっています。宮古地区広域行政組合消防本部は、主に3つの課に分かれています。それぞれ、総務課(消防本部・消防署および分署に関する予算その他財務関係や、職員の任免および身分等に関する事務担当)、消防課(火災予防の査察および指導に関することや、火災原因調査・火災報告関係、危険物規制事務などを行う予防係と、消防・救急用機械器具の整備計画に関することや、消防計画・消防統計の作成、消防・救助技術の研究および指導などを行う警防係の2係)、指令課(管内すべての119番通報を受信し、受信内容から適切な部隊を編成、各署所や隊員に対して、迅速、的確な出動指令を担当)となっており、加えて3消防署、2分署が設置されています。採用試験に合格したあとは、消防の基礎を学ぶために岩手県消防学校で初任教育を受けることになります。初任教育の期間は、4月~9月までの6カ月ほどです。消防学校に入校後は寮生活をしながら初任教育を受けます。授業には座学と実習があり、座学では公務員に必要な法律知識や火災のメカニズムについて学び、実習では心肺蘇生や消火訓練・消火機器の取扱訓練などを行います。

宮古地区広域行政組合消防本部採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(初級消防)

1名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 消防適性検査 人物試験(集団面接)

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験(個別面接) 体力試験 健康診断書の提出

日程

令和3年10月下旬

試験の配点

第1次試験

第2次試験

宮古地区広域行政組合消防本部採用試験対策ワンポイントアドバイス

宮古地区広域行政組合消防本部の採用試験対策は、択一式の教養試験と消防適性検査、人物試験が第1次試験となっています。
教養試験は2時間、消防適性検査は20分で、人物試験は集団面接です。
第1次試験は教養試験と集団面接の5段階評価なので、教養試験対策もそうですが面接対策をしっかりと行うことが大切です。
得点の合計点が高い人が最終試験に進めるので、しっかりと受け答えできるように質問を想定したり、スケジュール管理をして体調を万全に整えておきましょう。
教養試験対策は自治体別問題集を参考に、時間が許す限り頭に入れて試験本番に臨むのが理想的です。
当然ですが、申込期限や試験の日程を間違えると受験できませんから、正確なスケジュール管理が基本となります。
スケジュール管理は社会人は勿論、公務員にとっても重要で軽視できないので、この試験でもしっかりできることを証明する必要があります。
面接対策は第1次試験は集団面接ですが、最終試験は個別面接がありますから、更なる質問の想定と対策が不可欠です。
それから最終試験では体力試験が行われるので、受験を決めたら時間の合間を見て、握力や上体起こし、下半身の強化に繋がるトレーニングに励むことをおすすめします。
長座体前屈や反復横とび、20mシャトルランや立ち幅とびとまだまだあるので、体力と瞬発力、持久力もつけておきたいところです。


宮古地区広域行政組合消防本部採用試験対策問題集

宮古地区広域行政組合消防本部採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。宮古地区広域行政組合消防本部採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に宮古地区広域行政組合消防本部採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。宮古地区広域行政組合消防本部採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、宮古地区広域行政組合消防本部採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。