長野市消防職採用試験 受験情報まとめ

長野市消防職採用 基本情報

長野市消防局は長野市鶴賀に中心となる消防局を置き、中央消防署、鶴賀消防署、篠ノ井消防署、松代消防署、鳥居川消防署、新町消防署があります。これらの長野市の各地の消防署に、480名程度の消防職員が勤務しています。さらに安茂里分署、七二会分署、飯綱分署、鬼無里分署、若槻分署、柳原分署、東部分署、更北分署、塩崎分署、若穂分署、信濃町分署、小川出張所と数多くの分署や出張所があることも特徴です。消防局には総務課、予防課、警防課、通信指令課の4つの課があり、総務課では消防局の庶務、消防事務の企画・連絡調整、人事、消防施設の設置・保全、消防の広域化を担当しています。予防課は火災予防施策の立案・広報、査察指導、危険物・火薬類の許可・認可等、火災の原因損害の調査などが主な業務です。警防課は防災計画の樹立や災害の警備、出動計画などの警防に関することを担当しています。そのほか、消防機械器具などの装備に関すること、救急隊員の教育訓練や応急手当の普及啓発など、地域の救急にまつわることも警防課の管轄です。そして、通信施設や機器の整備などを通信指令課が担っています。

長野市消防職採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防職員 若干名

試験方法

第一次試験

教養試験、論文試験、消防適性検査

 

第二次試験

面接試験、資格審査

 

第三次試験

面接試験、体力検査、身体検査

試験の配点

日程

第一次試験:令和3年6月20日(日)

第二次試験:7月中旬~下旬(予定)

第三次試験:8月中旬~下旬(予定)

長野市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

長野市消防職採用試験にトライするのであれば、対策方法を知っておくことをおすすめします。この試験では教養試験、面接や小論文などが行われることになるので、これらの対策を重点的に行っておくと良いでしょう。教養試験はある程度の学力や知識があれば問題ないと思う人が多いですが、問題集を使ってきちんと勉強しておく必要があります。社会人や消防職に必要な知識が出題されますが、日常生活ではあまり使わない、習ったことがあっても覚えていないような問題が出題されることも多いので要注意です。教養試験対策は自治体別問題集でカバーできるので、とにかく問題を解いて知識を増やしてください。面接対策は模擬面接が有効です。想定される質問の答えを考えるだけでなく、受け答えや振舞いに問題がないか客観的に見てもらう必要があります。身近な人に頼むこともできますし、模擬面接サービスを利用してみても良いでしょう。小論文対策では、ワークを使って練習するのがおすすめです。書き上げて満足するのではなく、自分の主張が伝わるか、消防職を目指す人物として適切な考え方であるか確認してもらいましょう。


長野市消防職採用試験対策問題集

長野市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。長野市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に長野市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。長野市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、長野市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。