岡山市消防職員採用試験 受験情報まとめ

岡山市消防職員採用試験 基本情報

岡山市消防は、岡山市民と吉備中央町の人々が安心して生活できる消防防災体制の強化をめざし、岡山市消防職員と岡山市消防団員で組織されています。吉備中央町には吉備中央町消防団が組織されています。管轄地域は岡山市と吉備中央町を合わせて総面積1,058.73平方キロメートルで、約34万帯、約71万7千人の人々が生活をしています。消防局の組織は、消防企画総務課、予防課、警防課、救急課、情報指令課の5つの課があり、各地に北消防署、西消防署、中消防署、東消防署、南消防署の5つの消防署、津高出張所、御津出張所、建部出張所、今出張所、高松出張所、吉備中央出張所、倉田出張所、竜操出張所、上道出張所、可知出張所、瀬戸出張所、妹尾出張所、灘崎出張所の13の出張所と番町分署という1つの分署を備えています。760名ほどの消防職員が勤務しており、昼夜を問わず安心安全を守るため消防活動にあたっています。岡山市南部の南区浦安南町にある岡南飛行場を運航基地とした消防航空隊をもつところも特徴のひとつです。消防ヘリコプターの機動性を生かして、市内を10分でカバーし、火災、救急、救助などの消防活動を通じて市民の生命、身体及び財産を守っています。

岡山市消防職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防(A)15人程度、消防(B)3人程度

回転翼航空機操縦士 若干名、回転翼航空機整備士1人、

消防(A)・消防(B)

試験方法・配点

第1次試験(250点):筆記試験(教養試験、小論文)

第2次試験(150点):筆記試験(適性試験)、体力試験、適性検査

第3次試験(300点):面接試験(個別面接)、健康診断

消防(A)

日程

第1次試験:令和3年6月20日(日)

第2次試験:令和3年7月中旬~下旬(予定)

第3次試験:令和3年8月下旬~9月上旬(予定)

※第 2 次試験は、第 1 次試験合格者に対して行う

※第 3 次試験は、第 2 次試験合格者に対して行う

消防(B)

日程

第1次試験:令和3年9月26日(日)

第2次試験:令和3年10月中旬~下旬(予定)

第3次試験:令和3年11月中旬~下旬(予定)

※第 2 次試験は、第 1 次試験合格者に対して行う

※第 3 次試験は、第 2 次試験合格者に対して行う

回転翼航空機整備士・回転翼航空機操縦士試験方法・配点

選考試験(300点)

書類審査(50点)、面接試験(個別面接 250点)、

回転翼航空機操縦士日程

※個別面接については令和3年7月11日(日)~7月17日(土)の間(7月16日(金)を除く)。

回転翼航空機整備士日程

※個別面接については令和3年7月29日(木)~7月31日(土)の間。

岡山市消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

岡山市消防職員採用試験の受験を考えているのであれば、教養試験対策や面接対策、小論文対策など、合格を勝ち取るために、様々な対策を行うことが求められます。岡山市においては、責任と使命感を持ち積極的に行動ができる、幅広い視野を持ち主体的にチャレンジできる、市民に信頼される倫理意識や人間力の高い人などを求めています。面接試験や適性検査においては、人柄や公務員にふさわしいかどうかをチェックされることになります。その中でも特に重視されるものが面接試験であり、ワークを使って対策することが重要と言えるでしょう。
そして小論文対策も非常に重要です。論文試験は特に文章の流れがわからないというように苦手意識が強い人が多く見られます。なぜ岡山市は受験者が苦手とする小論文試験を行うのかと言うと、自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいという想いがあるからです。小論文の試験で与えられるテーマは、自治体のビジョンや抱える問題などが多く見られます。このテーマについて自分の考えが自治体の思いと似たものであることが望ましいです。自分の考えを整理した上で、文章にまとめるスキルを見られているとも言えるでしょう。


岡山市消防職員採用試験対策問題集

岡山市消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。岡山市消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に岡山市消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。岡山市消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、岡山市消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。