沖縄県東部消防組合職員採用試験 受験情報まとめ

沖縄県東部消防組合採用試験 基本情報

沖縄県東部消防組合は、与那原町、南風原町、西原町の3町で構成され、管轄地区は、面積31.76平方キロメートル、消防職員数は121名、うち女性が5名となっています。沖縄県東部消防組合の本部組織は主に3つの課に分かれています。それぞれ総務課・予防課・警防課、これに加え、1消防署、2分署が設置されています。組合議会は、構成町の議会から選出された議員9名(各町より3名)で、執行機関は、管理者、副管理者(構成町長の互選により選出)会計管理者(管理者の属する町の会計管理者を充てる)で構成され、監査委員は議会議員選出1名、識見を有する者1名(計2名)を選任して組合運営が行われています。採用試験に合格後、消防士に任官されます。新人消防士は、消防の基礎を学ぶために消防学校で初任教育を受けなければなりません。初任教育の期間は学歴などによっても異なりますが6カ月ほどです。沖縄県東部消防組合職員に採用された場合は、沖縄県消防学校に入校し、寮生活をしながら初任教育を受けます。授業は座学と実習があり、座学では公務員に必要な法律知識や火災のメカニズムについて学び、実習では心肺蘇生や消火訓練・消火機器の取扱訓練などを行います。

沖縄県東部消防組合職員採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(消防職Ⅰ:上級・中級・初級)

若干名

第1次試験

試験方法

一般教養試験 消防適性検査

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

体力試験

日程

令和3年10月23日(土)

第3次試験

試験方法

面接試験

日程

令和3年11月20日(土)

試験の配点

第1次試験

第2次試験

第3次試験

沖縄県東部消防組合職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

沖縄県東部消防組合職員採用試験を受けたいと考えている人の中には、何から対策をすれば良いか分からずに困ってしまう人も多いのではないでしょうか。対策のコツを知ることでモチベーションをアップさせ、後悔のない受験になるようにすることが大切だと言えます。一次では教養試験や適性検査、二次では体力試験、三次では面接が行われることになるので、それぞれをクリアできるような対策を講じておく必要があるでしょう。まず、教養試験対策としては自治体別の問題集を解くことがおすすめです。一般常識として知っておくべきことを中心に出題されますが、学校で習った内容でも時間が経っていて忘れている恐れがあるので、きちんと問題を解いて備えておく必要があります。体力試験は募集要項に実施内容が記載されているので、問題なくこなせるようにトレーニングを行うことがおすすすめです。面接対策は消防組合職員の採用試験で聞かれやすい内容を調査して回答を考えるだけでなく、ワークを使って実践的に練習しておくと良いでしょう。友達や家族などに協力してもらい、消防組合職員になるためにふさわしい回答や振舞いであるかどうかチェックしてもらう方法がおすすめだと言えます。こうした対策を行って、万全の状態で沖縄県東部消防組合職員採用試験に臨めるようにしておきましょう。


沖縄県東部消防組合職員採用試験対策問題集

沖縄県東部消防組合職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。沖縄県東部消防組合職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に沖縄県東部消防組合職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。沖縄県東部消防組合職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、沖縄県東部消防組合職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。