大津市消防職採用試験 受験情報まとめ

大津市消防職採用試験 基本情報

大津市消防局は、日本最大の湖である「びわ湖」の南西に広がる滋賀県の県庁所在地であり、約34万人の市民が生活する大津市を管轄する消防局です。市民の生命、身体及び財産を守るため、約320人の職員が消防局4課2室、市内4消防署、2分署、4出張所で日夜消防活動を行っています。消防局には、消防総務課、予防課、警防課、救急高度化推進室、通信指令課(消防指令センター)の部署があります。そして北消防署、西消防署、南消防署、東消防署、志賀分署、西分署、水上出張所、本宮救急出張所、南郷出張所、青山救急出張所、北部地域総合消防防災センターなどが各地に配置されています。消防士として新しく採用されると、消防に関する知識や技能の習得・向上のため、滋賀県消防学校で様々な教育訓練を受けます。また、高度な知識や幹部として必要なマネジメント能力を習得するため、東京の消防大学校で教育を受ける機会もあります。地方公務員であり福利厚生も充実しています。出産や子育てへの支援制度も整っているので、男女ともにさまざまな形で消防活動に関わることができます。実際に現在も女性職員が指揮業務や消防業務、救急業務、予防業務、本部などで活躍しています。

大津市消防職採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防職 18人程度

試験方法

第1次試験

基礎能力検査(SPI)、適性検査

 

第2次試験

体力検査、口述試験

 

第3次試験

口述試験

試験の配点

日程

第1次試験:令和3年9月19日(日)

第2次試験:令和3年10月14日(木)

第3次試験:令和3年11月上旬に実施予定

大津市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

大津市消防職採用試験対策のワンポイントアドバイスは、教養試験対策はとにかく幅広く学習しておくことです。このときの学習の仕方は、深堀をしないことが重要になるでしょう。深堀することをおすすめしない理由の1つは、試験勉強の時間が足りなくなってしまうからです。科目数が3種類程度ならばある程度深掘りしたことにより大きな差がつくかもしれませんが、教養科目は科目の種類が多いため、全て中途半端に終わってしまう可能性があります。それならば、全体を幅広くそして浅く勉強するのが良いです。
多くの受験生は1年か2年の間、程度採用試験のための勉強を行います。この時モチベーションが落ちることがあるため注意をしなければいけません。モチベーションが落ちた時があったとしても、その状態を長引かせないことです。簡単なモチベーションの高め方は、環境を変えることが良いでしょう。1つは勉強場所を変えてみることです。また受験勉強に関連した新しい友達を作ることで元通りのやる気になることが多くなります。
面接は、大津市では比較的重視されているため、じっくりと時間をかけておきたいところでしょう。面接カードを記入するときには、シンプルで分かりやすいないようにすることが合格するために必要です。


大津市消防職採用試験対策問題集

大津市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。大津市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に大津市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。大津市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、大津市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。