埼玉東部消防組合消防職員採用試験 受験情報まとめ

埼玉東部消防組合消防職員採用試験 基本情報

埼玉東部消防組合は、県東部最大の消防組織です。埼玉県加須市、幸手市、白岡市、久喜市、杉戸町、宮代町を管轄しており、管轄面積は320.54平方キロメートル、消防職定員数は631名です。埼玉東部消防組合の特徴は、政令市並みの消防規模を有し、都市部と山間部が共存する地域であることです。これにより、高度救助隊、山岳救助隊、水難救助隊などの特殊部隊があり、緊急消防援助隊や広域応援部隊にも多くの部隊が登録されています。消防の広域化によるスケールメリットを活かし、消防体制の整備および充実強化を図り、管内人口約79万人の安全安心を守るためにさらなるサービスを目指しています。女性の活躍推進への取り組みでは、現在約40名の女性職員が指揮隊、消防隊、救急隊、指令センター、本部職員等、さまざまな職種で活躍しており、採用者数に占める女性職員の割合は、全国でも常に上位となっています。埼玉東部消防組は、総務課、消防課、救急課、予防課、指令課の5課で組織されています。これに加え6消防署、9分署、1出張所、1救急ステーションが設置されています。埼玉東部消防局では、採用後に消防職員としての基礎を学ぶため、性別に関係なく埼玉県消防学校へ6カ月間入校します。全寮制で月曜日の朝に登校し、金曜日の夕方に帰宅することになります。この消防学校では消防職員として必要な知識や技術を身につけるため、座学や実技等のあらゆる訓練を行います。

埼玉東部消防組合消防職員採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(初級:高校卒程度)(中級:短大卒程度)(上級:大学卒程度)

10名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 体力試験

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

小論文試験 適性検査

日程

令和3年10月24日(日)

試験方法

面接試験

日程

令和3年11月上旬~中旬

試験の配点

第1次試験

第2次試験

埼玉東部消防組合消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

埼玉東部消防組合消防職員採用試験は簡単に合格できるものではないので、受験するのであれば対策が必要です。まずは教養試験対策を行う必要があります。これは、社会人としてだけでなく公務員として必要な知識があるか確かめられるので、自治体別問題集を活用することをおすすめします。一般企業に応募する人が利用するような問題集ではなく、消防士向けのものを用意することが重要だと言えます。

面接対策では模擬面接を行うことが大事です。客観的に見て消防職員にふさわしい言動であるかどうかが重要なので、面接官からふさわしい人材であると判断されるような工夫が必要となります。回答内容だけではなく、堂々とした振舞いや臨機応変な対応も重要であることを理解しておくべきです。

小論文対策は実際に小論文を書くことをおすすめします。ワークを参考にして出題されやすい内容を確認し、頭の中で考えておくだけでは不十分です。もちろん同じ問題が出題される確率は低いですが、実際に書き上げることで考えを文章化する能力を養ったり、時間配分を確かめておいたりすることが大切だと言えます。こういったやり方で対策を行えば、埼玉東部消防組合消防職員採用試験に合格できる確率を高めることができるでしょう。


埼玉東部消防組合消防職員採用試験対策問題集

埼玉東部消防組合消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。埼玉東部消防組合消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に埼玉東部消防組合消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。埼玉東部消防組合消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、埼玉東部消防組合消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。