利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験 受験情報まとめ

利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験 基本情報

利根沼田広域市町村圏振興整備組合は、群馬県の北部に位置する群馬県沼田市、利根郡片品村、川場村、昭和村、及びみなかみ町の1市1町3村によって昭和45年7月3日に設立された、一部事務組合です。広域組合は、市町村がそれぞれ単独で処理する事務を共同で行うことにより、経費を押さえ事務処理の効率な運営を図るために設けるもので、構成市町村とは個別の自治体で地方自治法上の特別地方公共団体です。管轄地域の大半は、帝釈系山岳・三国山系山岳・日光連山・赤城山といった山岳で占められており、地域面積のおよそ86%が森林となっています。山岳地帯に源を発する利根川・赤谷川・片品川・薄根川等の大小の河川は上流域においてダム群を形成し、首都圏の水がめとなっています。総面積1,765.75平方キロメートルの地域に、9万人ほどの人々が暮らしています。利根沼田広域市町村圏振興整備組合の消防局の組織は、総務課、予防課、警防課の3課からなる消防本部と、中央消防署、東消防署、西消防署、北消防署の4つの消防署によって構成されています。消防職員には、消防職に従事する消防士と救急救命士が含まれ、140名ほどが消防本部や各消防署に勤務しています。

利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防士A(消防職)・消防士B(救急救命士) 5名程度

試験方法

第1次

適性検査、教養試験、作文

 

第2次

体力検査、面接

試験の配点

日程

第1次:令和3年9月19日(日)

第2次:体力検査 令和3年10月16日(土)

    面接 令和3年10月下旬頃に実施予定

※1次合格者に別途通知

利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験対策ワンポイントアドバイス

利根沼田広域市町村圏振興整備組合の職員採用試験をこれから受けようか考えていると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。この試験は勉強しておかないと簡単には合格することができないかもしれません。このことから、初めてこの試験を受けると言う方の中にはどのような対策をしたら良いのか分からない方も多いでしょう。分からないと言う方のために、これから利根沼田広域市町村圏振興整備組合の職員採用試験のワンポイントアドバイスについて説明していきます。
この試験を受けるにあたってやらなくてはならないことは、教養試験対策と面接対策と小論文対策です。教養試験は、この職員になるために知っておかなくてはならない基本的な知識を知っているかについての試験です。普段からきちんと勉強しておけば答えられるものが多いため、ここを疎かにしないようにしましょう。
面接は、この職員になったらどんなことをしたいと考えているのかやこの仕事を選んだきっかけなどを伝えることができれば良いでしょう。小論文は、実際に仕事に就いた際にやりたいことやこれまでどんなことを頑張ってきたのかを書くことができるようにしておきましょう。
これらのことを踏まえて試験に臨むことが大切です。


利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験対策問題集

利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、利根沼田広域市町村圏振興整備組合職員採用(消防士)試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。