富山市消防職採用試験 受験情報まとめ

富山市消防職採用 基本情報

富山市は、本州日本海側の中央付近にあり富山湾に面し、北緯36度22分から36度45分、東経137度01分から137度42分、東京・大阪からはほぼ等距離にある県都で、富山県の中央に位置しています。海抜0mの富山湾から3,000m級の山々にわたり、渓谷や急流河川等複雑な地形を有するほか、中高層ビルや石油コンビナートなどの危険物施設が点在しています。平成8年には中核市に指定され、平成17年4月に、富山市、大沢野町、大山町、八尾町、婦中町、山田村、細入村が合併し、現在の富山市となっています。人口は41万3千人ほどです。富山市消防局には、470人ほどの消防職員が働いており、中心となる消防職には総務課、予防課、警防課、通信指令課の4つの課があります。消防署は富山消防署、富山北消防署、呉羽消防署、水橋消防署、大沢野消防署、大山消防署、八尾消防署、婦中消防署となっています。さらに、東部出張所、南部出張所、北部出張所、和合出張所、中分署、海上分遣所、細入分遣所、小見分遣所、山田分遣所が各地に配備されています。機動力も、消火活動に欠かせないポンプ車をはじめ、大型化学消防車、大型高所放水車、燃料補給車など、幅広い機能の消防車両を保有しています。

富山市消防職採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防職員 4人程度

試験方法

第1次試験

面接試験、体力試験

教養試験、短文論述試験、適性検査

 

第2次試験

面接試験(個別面接)、身体検査

試験の配点

日程

第1次試験:

面接試験、体力試験

令和3年6月19日(土)

教養試験、短文論述試験、適性検査

令和3年6月20日(日)

 

第2次試験:令和3年8月中旬

※第1次試験合格通知にあわせて通知

富山市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

東日本大震災、阪神大震災をはじめ、あらゆる天災や災害に救助で消防職員が活躍しています。尊い命をたすけるために、危険を顧みず一生懸命働く姿に心を打たれ、自身も消防隊員として働きたいと考える人も多いことでしょう。消防隊員は公務員であり、働くためには富山市消防職員採用上級試験を受験し合格する必要があります。年々志願者も多くなっており、きちんと試験対策を講じる必要があります。まずポイントとして押さえたいのは教養試験対策です。時事や社会に自然等に関する一般知識を問い文章理解や判断に数的推理の能力を択一式問題で試験します。新聞やネット、ニュースに毎日目を通し、問題定義したり考察するなど日ごろの学習の積み重ねが大事です。年金や健康保険など社会保障制度についても勉強することが大事です。面接試験では一次は集団、二次は個別で行います。面接対策としてはなぜ消防隊員を目指したのか、肉体的にも精神的にも厳しい職業だがどうやってモチベーションを維持し職務を全うするか、パブリックサーバントとしての責務や自覚を問う質疑応答が求められます。人命救助にはミスや失敗は許されません。また自身の生命にもかかわる重要で危険な任務です。こうした自覚をしっかりもち、自分の言葉でしっかり述べられるよう面接対策をしっかり行いましょう。


富山市消防職採用試験対策問題集

富山市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。富山市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に富山市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。富山市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、富山市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。