八尾市消防職員採用試験 受験情報まとめ

八尾市消防職員採用試験 基本情報

八尾市消防本部は、誰もが安全で安心して住み続けられる八尾を目指して、日々、市民の安全を守るために活動しています。大阪府八尾市は大阪市と東大阪市に隣接し、世帯数約12万6千世帯、人口は26万4千人ほどの市です。八尾市消防本部の組織は、消防本部(消防署)、消防総務課、予防課、警防課、指令課などとなっています。八尾市消防本部では、「女性の働きやすい職場は、男性も働きやすい職場」という認識のもと、「誰もが働きやすい組織は活力のある、有事にも強い組織である」と考えているため、男女ともに活躍できる職場づくりを進めているという特徴があります。平成12年度より女性消防吏員の採用を開始しており、令和3年4月現在では、6名の女性消防吏員が、消防本部での防火査察や防火啓発等を行う予防業務、庶務会計等の事務を行う管理業務及び119番通報を受ける指令管制業務に従事しているほか、大阪府立消防学校へ出向し、学校教官として勤務している職員もいます。八尾市消防本部の女性消防吏員の職域は広範囲に渡っているので、ひとりひとりの特性ややりたいことを生かして働くことができます。

八尾市消防職員採用 募集要項

令和4年度

募集人数 消防吏員5名程度

試験方法

第1次試験

教養試験、体力測定

 

第2次試験

作文、個人面接、身体検査

 

試験の配点

日程

第1次試験:令和3年6月20日

第2次試験:令和3年7月中旬

※第1次試験合格者に対して実施

八尾市消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

八尾市消防職員採用試験対策としては、教養試験対策や面接対策、小論文対策などを、全てをオールマイティに勉強する必要がありますが、その中でもやはり、筆記試験は重要項目の一つと言えるでしょう。筆記試験に関しては一般知能分野、一般知識分野の二つに分かれ、一般知識分野は中高で学ぶような科目です。一般知能分野は公務員試験独特の科目と言えるでしょう。
八尾市消防職員採用試験においては、年齢の条件さえ満たしていれば上級でも初級でも受験ができます。実際の試験のレベルとしては、初級に比べると上級試験の方が難しいのが事実です。この中でも重要な科目とされているものが、判断推理と数的推理と言えるでしょう。一般知能分野に関しては公務員試験特有の科目にあたるため、慣れないうちは苦労するものです。とはいえしっかりと対策を行うことにより確実に高得点が狙えます。
まずは一般知能分野の対策を中心に計画を立てることが大切です。目安として、判断推理と数的処理のどちらも8割以上は正解を目指したいところです。この2科目は学習を積めば誰もが高得点を狙うことができます。短時間で回答のコツもつかみやすいため、是非とも自分のものにしたいところです。本番の試験においては時間が足りなくなるのが通常である為、この2科目は回答時間を短縮できるため時間稼ぎにも繋がります。


八尾市消防職員採用試験対策問題集

八尾市消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。八尾市消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に八尾市消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。八尾市消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、八尾市消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。