福岡県警察官採用試験 受験情報まとめ

福岡県警察官採用試験 基本情報

福岡県警は「県民の安全・安心の確保」を運営指針とし、「暴力団の壊滅」「飲酒運転の撲滅」「性犯罪の根絶」を三大重点目標として掲げています。

今年度は、「ニセ電話詐欺の予防・検挙」「ストーカー・DV・児童虐待等への的確な対処」「サイバー犯罪対策の強化」「重要凶悪事件の徹底検挙」「高齢者等の交通事故の抑止」「テロの未然防止と災害対策の強化」「社会の変化に適応する警察基盤の強化」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の福岡県警察官の人数は10,707人です。

福岡県警察の本部組織は主に8つの部署に分かれています。

それぞれ総務部・警務部・生活安全部・地域部・刑事部・暴力団対策部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、福岡市警察部、北九州市警察部、警察学校と県内35警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

規律を守り、厳しい訓練やさまざまな教養を受ける中で、警察官としての必要な知識、技能を身につけるとともに、同期生との絆が芽生え、警察官に必要な「人の役に立ちたい」という気持ちと強い使命感が芽生えます。県民の安全と安心を守る警察官として独り立ちしていく場、それが福岡県警察学校です。

福岡県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官A)

男性49名 女性39名

第1次試験

試験方法

教養試験 論文試験(2次試験で採点)

日程

令和3年5月9日(日)

試験方法

体力検査 人物試験 身体測定Ⅰ

日程

令和3年5月下旬~6月上旬

第2次試験

試験方法

人物試験 身体測定Ⅱ 身体検査

日程

令和3年6月下旬~7月上旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 人物試験50点

第2次試験

人物試験80点 論文試験20点

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性21名 女性15名

第1次試験

試験方法

教養試験 論文試験(2次試験で採点)

日程

令和3年9月19日(日)

試験方法

体力検査 人物試験 身体測定Ⅰ

日程

令和3年10月上旬~中旬

第2次試験

試験方法

人物試験 身体測定Ⅱ 身体検査

日程

令和3年11月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 人物試験50点

第2次試験

人物試験80点 論文試験20点

募集人数(警察官B)

男性64名 女性44名

第1次試験

試験方法

教養試験 作文試験(2次試験で採点) 

日程

令和3年9月19日(日)

試験方法

体力検査 人物試験 身体測定Ⅰ

日程

令和3年10月上旬~中旬

第2次試験

試験方法

人物試験 身体測定Ⅱ 身体検査

日程

令和3年11月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点 人物試験50点

第2次試験

人物試験80点 作文試験20点

福岡県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

福岡県警察官になるためには、基礎的な学力を身につけていることはもちろんのこと、事故や事件に立ち向かうための体力や正義感、状況判断力が必要だといわれています。

福岡県警察官採用試験では1次試験、2次試験に分かれて行われており、基本的に試験内容は筆記試験と体力試験、面接の3つで構成されています。筆記試験では主に教養試験や論文試験・作文試験が行われ、体力試験では主な体力試験として腕立て伏せや上体起こし、長座体前屈や立ち幅跳び、握力や反復横跳び、20mシャトルランといった試験内容となります。

面接試験は警察官の資質として、受験者自身の人物像そのものが試される内容です。多くの場合は2次試験で面接が行われ、パターンはディベート方式の集団面接から最終的な人物判断が下される個人面接の2通りがあります。対策としてしっかり押さえておくべきことは、基本となる質問内容を確認しておくことです。面接官に良い評価をしてもらえるように、態度や立ち振る舞い、やる気の有無を周囲の人から判断してもらうようにしましょう。

警察官の職務執行上、支障のある疾患がないかどうかを確認するためにも、必ず行われるのが身体検査であり、第1次身体検査では身長と体重の測定をはじめ、第2次では視力や色覚、聴覚や運動機能の検査に加えて医師の診察やレントゲン検査、血液と尿検査を行います。


福岡県警察官採用試験対策問題集

福岡県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。福岡県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に福岡県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。福岡県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、福岡県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。