熊本県警察官採用試験 受験情報まとめ

熊本県警察官採用試験 基本情報

熊本県警は「県民の期待と信頼に応える力強い警察~安全で安心して暮らせる熊本の実現~」を基本姿勢としています。

令和3年4月1日現在の熊本県警察官の人数は約3,500人です。

熊本県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、熊本市警察部、警察学校と県内23警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

警察官としての知識や体力、そしてチームワークを養う場所です。法律などの授業が初めてでも、全員がゼロからのスタートです。また、各教科の担当教官が一から教えますので安心です。

入校後は、職務遂行に必要な職務倫理教養のほか、法令や実務に関する基礎教養、柔道、剣道、拳銃などの術科訓練、現場を想定した実践的訓練などが行われます。英会話や手話、OA研修など、キャリアアップのための教養も行っています。

寮での団体生活の中で、自分自身や県民をも守るために現場で必要とされる技能や体力、団結力を養っていき、また、ともに過ごした仲間たちは、これからの人生において、必ずや特別な存在になることでしょう。

熊本県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性43名程度 女性18名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 論文試験(2次試験で採点) 資格加点

日程

令和3年7月11日(日)

第2次試験

試験方法

適性検査 体力試験

日程

令和3年7月31日(土)・8月1日(日)

試験方法

面接試験

日程

令和3年8月15(日)~22日(日)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験200点

第2次試験

論文試験50点 体力試験30点 面接試験300点

募集人数(警察官B)

男性37名程度 女性15名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 作文試験(2次試験で採点) 資格加点

日程

令和3年10月17日(日)

第2次試験

試験方法

適性検査 体力試験

日程

令和3年11月6日(土)・7日(日)

試験方法

面接試験

日程

令和3年11月20(土)~25日(木)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験200点

第2次試験

作文試験50点 体力試験30点 面接試験300点

熊本県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

熊本県で活躍する警察官を採用するために、熊本県警察官採用試験が行われることになります。熊本県警察では、熊本の街を守る、熊本県民を守る思いのある人や正義を貫き通す信念のある人を採用したいという思いがあります。これらをチェックする方法として、面接試験や論文試験など、受験者の内面をチェックすることに重きを置きます。そのためワークを活用し、事前にしっかりと対策を行っておくことが重要です。

熊本県警察採用試験では、面接をはじめとし、様々な試験が重要となりますが、その一つに体力検査が挙げられます。熊本県警察が行う体力試験の内容は20秒の反復横跳びと20メートルシャトルラン、2秒に1回の腕立て伏せです。これらのテストでどれくらいの数値を出せば良いのかは、熊本県警が体力検査の配点を公表しています。これらを参考にして当然体力がないために不合格という事にならないように、事前に練習をしておくことが求められます。

そして面接について重要だと言われているものが適性検査です。これは人物試験とも呼ばれるものであり、本当に警察に向いているのか、コミュニケーション能力に長けているのかなどが判断されることになります。この適性検査もある程度慣れが必要であるため、本番の試験までに一度でも練習をしておくことが重要です。練習をしておけば冷静に自分を見つめて回答することができるでしょう。


熊本県警察官採用試験対策問題集

熊本県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。熊本県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に熊本県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。熊本県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、熊本県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。