長崎県警察官採用試験 受験情報まとめ

長崎県警察官採用試験 基本情報

長崎県警は「県民の期待と信頼に応える力強い警察~安全で安心な長崎県を目指して~」を基本姿勢としています。

今年度は、「県民が安全で安心して暮らせる犯罪の起きにくい社会づくりの推進」「地域の安全確保に資する効果的な街頭活動の推進」「悪質・重要犯罪の徹底検挙」「暴力団等の壊滅と薬物・銃器犯罪の根絶」「交通死亡事故抑止対策の推進」「大規模自然災害等緊急事態への的確な対処」「官民一体となったテロ対策の推進」「活力に満ちた魅力ある職場環境の創出」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の長崎県警察官の人数は約3,000人です。

長崎県警察の本部組織は主に6つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内22警察署が存在しています。

警察官として採用されると、全寮制の警察学校に入校し、警察官に必要な一般教養・法学・警察実務や術科(柔道・剣道・逮捕術・拳銃操法など)を学びます。

「誠実」「覇気」「忍耐」が求められる警察学校は、楽しいことばかりではありません。しかしながら、そこには、助け合いながら一緒に切磋琢磨して成長を目指す同期という仲間がいます。同期は警察学校卒業後も、一生涯、つらいことも楽しいことも共有できる貴重な存在となります。警察学校での団体生活は同期との絆を深め、成長していく自分を実感できる充実した日々となるはずです。

長崎県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官Ⅰ類)

男性(長崎県28名程度、警視庁3名程度、神奈川県3名程度、愛知県3名程度、大阪府2名程度) 女性8名

第1次試験

試験方法

教養試験

日程

令和3年7月11日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論文試験 身体等検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年8月中旬~9月上旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点

第2次試験

人物試験600点 論文試験180点

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官Ⅰ類)

男性3名程度 女性2名程度

第1次試験

試験方法

教養試験

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論文試験 身体等検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年11月月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点

第2次試験

人物試験600点 論文試験180点

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官Ⅲ類)

男性(長崎県28名程度、警視庁2名程度、神奈川県7名程度、愛知県2名程度、大阪府3名程度) 女性8名

第1次試験

試験方法

教養試験

日程

令和3年10月17日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論文試験 身体等検査 体力試験 適性検査

日程

令和3年11月月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験50点

第2次試験

人物試験600点 論文試験180点

長崎県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

長崎県警察官採用試験を受けて長崎県警察官となり、長崎県の治安をより良いものにしたい、このように考えている人も多いかと思われます。

長崎県警察官採用試験は電子申請や郵送もしくは警察署に持参して申し込みを行い、1次試験に合格すると2次試験に進み、この試験に合格すると警察官としての道が切り開かれることになります。

長崎県警では、困っている人を助けようとする優しい気持ちを持つ人、社会の安寧や果敢に守り抜くための勇気および使命感にあふれる人材、そして力強く切実で、かつ真っすぐな心を持つなど、このような人を採用したいと考えているようです。面接での受け答えやビジネスマナーをチェックして、採用したい人物像との比較をするのが人物試験です。

1次試験は一般的な教養試験で、2次試験は人物試験を含めた個別面接、論作文試験や適性検査、体力および身体検査などの内容です。ちなみに、警察官になるためには資格がいるのではないか、このように考える人も多いかと思われますが、長崎県警察官採用試験を受験するための資格は特別なものは要りませんし、警察官として必要な知識や技能などは試験合格後に入学する警察学校で取得します。

ただ、警察官の採用試験には柔道や剣道などの資格加点があるので、どのような競技であれば資格加点に含まれるのか事前に確認すると良いでしょう。


長崎県警察官採用試験対策問題集

長崎県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。長崎県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に長崎県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。長崎県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、長崎県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。