沖縄県警察官採用試験 受験情報まとめ

沖縄県警察官採用試験 基本情報

沖縄県警は「県民の期待と信頼に応える力強くしなやかな警察~県民のために、県民とともに~」を運営指針としています。

今年度は、「飲酒運転根絶および交通事故抑止対策の推進」「子ども・女性・高齢者等の安全確保およびアルコール関連犯罪の防止対策等の推進」「犯罪検挙力の強化および組織犯罪対策の推進」「テロ等の未然防止および緊急事態に即応する諸対策の推進」「職員一人ひとりが相互の連帯を強め熱意を持って職務に取組む組織の構築」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の沖縄県警察官の定員人数は2,594人です。

沖縄県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内14警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

警察学校では、一人前の警察官を育てるために柔道、剣道、逮捕術等の各種術科による強靱な体力、精神力の錬成と職務執行上の基礎知識や技能の習得、そして、豊かな人間性を身につけるための各種教養を実施しています。

入校期間中は寮生活となり一生涯付き合える仲間を得ることができる時期ともなるでしょう。

限られた教養期間内に精強な警察官を育成するため、時には厳しく指導することもありますが、全教官が一丸となって指導に当たっていますので、安心してください。

沖縄県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性(沖縄県26名程度、警視庁3人、千葉県3人)

女性11名程度

第1次試験

試験方法

体力検査Ⅰ 教養試験

日程

令和3年7月10日(土)、11日(日)

第2次試験

試験方法

論文試験 個別面接 体力検査Ⅱ 身体測定 身体検査 

資格加点

日程

令和3年8月上旬~中旬のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験100点

第2次試験

論文試験30点 個別面接90点 資格加点6点

募集人数(警察官B)

男性(沖縄県39名程度、警視庁2人、千葉県5人)

女性16名程度

第1次試験

試験方法

体力検査Ⅰ 教養試験

日程

令和3年10月16日(土)、17日(日)

第2次試験

試験方法

作文試験 個別面接 体力検査Ⅱ 身体測定 身体検査 

資格加点

日程

令和3年11月中旬~12月上旬のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験100点

第2次試験

作文試験30点 個別面接90点 資格加点6点

沖縄県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

沖縄県警察官採用試験は、教養試験と体力検査を行う1次と、論作文・面接と適性検査などを行う2次の2つの試験があります。

教養試験は警察官に必要な一般的知識と知能について、社会・人文・自然・分量理解など7つの項目に関する筆記試験ですが、これには大学卒業程度の学力が必要です。ワンポイントアドバイスとしては自治体別問題集を何度も繰り返すことで、試験問題の傾向に慣れることが挙げられます。

体力検査は職務遂行に必要な持久力についての検索で、20メートルシャトルランを男性は60回・女性は35回行うため、日頃から筋トレやランニングなどで持久力を養うことが必要です。

論作文は2時間1000文字で文章による表現力と、総合的判断力・文書構成力についての筆記試験ですが、与えられたテーマについて警察官としてどのように考えるか、どう行動するべきかを起承転結に沿って記述します。論作文の結論を先に固めてから「起承転」までを整理し、最後の「結」では説得力を増すための論拠を加えることが重要です。

面接では志望動機などを聞かれますが、自分の伝えたいことを瞬時に頭の中で考えて、相手の面接官に分かりやすく、いかに強いイメージを与えられるかがポイントとなっています。


沖縄県警察官採用試験対策問題集

沖縄県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。沖縄県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に沖縄県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。沖縄県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、沖縄県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。