大阪府警察官採用試験 受験情報まとめ

大阪府警察官採用試験 基本情報

大阪府警は「府民が安心して暮らせる、安全なまち大阪、を確立するための警察活動の推進」を基本指針としています。

今年度は、「府民の期待と信頼に応える警察活動の推進」「子どもや女性の安全を守るための諸対策の推進」「特殊詐欺の撲滅に向けた総合対策の推進」「地域の安全安心のための強靭な地域警察の構築」「組織犯罪対策の推進」「交通死亡事故抑止対策の推進」「テロ等重大事案の未然防止および大規模災害等への的確な対応」「社会の変化に適応するための取組の推進」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の大阪府警察官の人数は21,474人です。

大阪府警察の本部組織は主に7つの部署に分かれています。

それぞれ総務部・警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、大阪市警察部、堺市警察部、方面本部、組織犯罪対策本部、犯罪対策戦略本部、警察学校と府内66警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

大阪府警察学校は「自主自立」「切磋琢磨」を校訓として定めており、入校生たちは、自ら考え行動し、規範に従って自らを律することのできる警察官を目指し、日々懸命に努力を重ね、お互いを磨き合います。

大阪府警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(B区分除く)

男性280名程度 女性80名程度

(自己推薦方式の採用予定20名程度を含む)

第1次試験

試験方法

教養考査 論・作文考査 適性評価 資格加算

※自己推薦…自己推薦資格等実績書評価、自己推薦シート評価

日程

令和3年5月5日(水祝)

第2次試験

試験方法

身体検査 面接考査 適性検査 体力検査

※自己推薦…個別面接考査

日程

令和3年5月29日(土)~6月15日(火)のうち1日間

試験の配点

第1次試験

第2次試験

令和3年度 第2回採用試験

募集人数

男性205名程度 女性45名程度

(自己推薦方式の採用予定10名程度を含む)

第1次試験

試験方法

教養考査 論・作文考査 適性評価 資格加算

※自己推薦…自己推薦資格等実績書評価、自己推薦シート評価

日程

令和3年9月20日(月祝)

第2次試験

試験方法

身体検査 面接考査 適性検査 体力検査

※自己推薦…個別面接考査

日程

令和3年10月16日(土)~11月3日(水祝)のうち1日間

試験の配点

第1次試験

第2次試験

令和3年度 第3回採用試験

募集人数(B区分のみ)

男性25名程度 女性15名程度

(自己推薦方式の採用予定若干名程度を含む)

第1次試験

試験方法

教養考査 論・作文考査 適性評価 資格加算

※自己推薦…自己推薦資格等実績書評価、自己推薦シート評価

日程

令和4年1月8日(土)

第2次試験

試験方法

身体検査 面接考査 適性検査 体力検査

※自己推薦…個別面接考査

日程

令和4年1月28日(金)~2月2日(水)のうち1日間

試験の配点

第1次試験

第2次試験

大阪府警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

大阪府警察官採用試験は、大学生でも高校生でも2回受験のチャンスがあります。選考方法は一般試験と自己推薦方式があります。1次選考では教養考査があり、これは大阪府警察のオリジナルになります。教養考査で出題される科目は数学と国語であり、科目が少なく範囲が狭いので勉強しやすいと言えるでしょう。

1次選考は論作文が実施されるので、教養考査のように正解があるわけではないので、主観・客観の両方の視点から物事を考えるようにすることが大切です。試験時間は60分、文字数は最大1000文字なので、日ごろから文章を書く練習をしておく必要があります。

また、1次選考ではエントリーシートという科目があり、自己アピールをすることができるチャンスになります。エントリーシートは志望動機や自己PR等に関する問題に対し、1時間で解答する形式になります。

2次選考では、面接や体力検査があります。体力検査ではバーピーテスト・上体起こし・腕立て伏せ・反復横跳び・握力の測定がおこなわれます。体力試験を受ける前に準備運動は必ず行うようにした方が良いです。準備運動は試験項目にはないのですが、試験官が準備運動中の態度や仕草を見てチェックしている可能性があるので、意欲を見せて良い印象を与えるチャンスです。


大阪府警察官採用試験対策問題集

大阪府警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。大阪府警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に大阪府警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。大阪府警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、大阪府警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。