佐賀県警察官採用試験 受験情報まとめ

佐賀県警察官採用試験 基本情報

佐賀県警は「県民の期待と信頼に応える力強い警察~安全安心を実感できる佐賀県を目指して~」を運動指針としています。

今年度は、「交通マナーアップと交通事故抑止対策の推進」「子ども・女性・高齢者を守るための犯罪抑止対策の推進」「重要犯罪等の徹底検挙と組織犯罪対策の推進」「テロ・災害等緊急事態対策の推進」「サイバー空間の安全を確保するための対策の推進」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の佐賀県警察官の人数は約1,700人です。

佐賀県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内10警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

初任教養のため、警察官A(大卒)は6カ月間、警察官B(大卒以外)は10カ月間警察学校に入校し、規則正しい生活を送ります。

授業では教場での講義のほか、術科や各種訓練が行われますが、スタートラインはみんな同じであり、基礎から段階的に学ぶため心配はいりません。

警察学校には、佐賀県民の安全と安心のために働くと決めた、同じ志を持つ仲間がいます。同期の仲間と切磋琢磨しながら、誇りと使命感を養い、一人前の警察官へと成長を目指しましょう。

佐賀県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性(佐賀県16名程度、警視庁3名程度、愛知県3名程度、大阪府2名程度) 女性5名

第1次試験

試験方法

教養試験 体力試験 身体検査Ⅰ 資格加点

日程

令和3年7月11日(日)

第2次試験

試験方法

論文試験 面接試験Ⅰ 面接試験Ⅱ 身体検査Ⅱ

日程

令和3年8月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験160点 体力試験40点 資格加点10点

第2次試験

論文試験100点 面接試験Ⅰ200点 面接試験Ⅱ100点

募集人数(警察官B)

男性(佐賀県13名程度、警視庁2名程度、愛知県2名程度、大阪府3名程度) 女性4名

第1次試験

試験方法

教養試験 体力試験 身体検査Ⅰ 資格加点

日程

令和3年10月17日(日)

第2次試験

試験方法

作文試験 面接試験Ⅰ 面接試験Ⅱ 身体検査Ⅱ

日程

令和3年11月上旬~下旬

試験の配点

第1次試験

教養試験160点 体力試験40点 資格加点10点

第2次試験

作文試験100点 面接試験Ⅰ200点 面接試験Ⅱ100点

佐賀県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

佐賀県内で警察官になりたい場合には、佐賀県警察官採用試験に合格することが必要です。佐賀県警察官採用試験に合格するためには、まず一般教養対策が重要になります。

一般教養は、常識的な内容が問われるため、必ずしも一つ一つを深掘りする必要はないでしょう。自治体別問題集を活用し、勉強のやり方を少し工夫することが必要です。その中で、苦手分野がでてくると思いますが、まず得意分野を取得して苦手分野に取り掛かるのが良いでしょう。

論作文があるのも、難しいところです。大きな差がつくケースは少なくないわけですが、必要最低限の知識と作文を書く力があれば問題ありません。論作文を書くためには、自分の意見を持っていることが必要です。そして頭の中にある自分の意見を、どのように文章として書き出すことができるかが大事になります。これは、その場でできるものではなく普段から練習をしておくことが重要ですので、ワークを活用するのが良いでしょう。

体力検査も、重要になります。いくら筆記試験が良かったとしても、警察官として適性能力の1つである体力がなければ合格することは難しいでしょう。合格した後も、警察学校でかなり体力を使うことになるため、普段からジョギングや瞬発力を鍛える練習が必要です。


佐賀県警察官採用試験対策問題集

佐賀県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。佐賀県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に佐賀県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。佐賀県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、佐賀県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。