上尾市職員採用試験 受験情報まとめ

上尾市職員採用試験 基本情報

上尾市は首都東京から35kmの距離にあり、埼玉県の南東部に位置しています。東は伊奈町と蓮田市、南はさいたま市、西は川越市と川島町、北は桶川市と隣接しています。昭和30年に3町3村が合併して上尾町になり、昭和33年の市制施行で上尾市が誕生しました。当時、人口は約3万7,000人でしたが、地理的条件の良さに国の高度経済成長政策も加わり、田園都市から工業都市そして住宅都市へと発展しました。一方、上尾市においても少子化が進行しており、地域全体で子育て支援や子育てと仕事の両立支援などを進め、子どもが健やかに育つ環境づくりに一層取り組むとともに、医療環境の充実や生涯学習活動の推進、高齢者の移動手段の確保などに取り組み、学びやすい環境づくりを進めることが求められています。また、令和元年東日本台風で大きな被害を受け、災害に強いまちづくりの重要性や市民の防災意識が高まりました。ハード・ソフトの両面から地震・風水害への対策を進め、地域全体のレジリエンスを向上させていくことが求められています。上尾市では、「みんなでつくる みんなが輝くまち あげお」を将来都市像と定め、地域の持続可能性を確保する新たな時代に向けたまちづくりに取り組んでいます。

上尾市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

10名程度

試験方法

第2次試験:人物試験(面接)、適性検査、第2次試験:教養試験120分、

第3次試験:人物試験(面接)

日程

第1次試験:8月19日~21日のうち1日、第2次試験:9月19日、第3次試験:10月

試験の配点

上尾市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

上尾市職員採用試験は、例年第一次試験が8月中旬ごろに行われるものとなっています。第一次試験では人物試験と呼ばれる一般的な教養や適性を見るものとなっているため、基本的な大学卒業レベルの一般知識や常識的な問題が出題されることが多く、大学の入試のような難解な問題は出題されない傾向にあります。また職種によって試験項目が異なる場合があるため、事前に募集要項を十分に確認し、自分が応募する職種に対しての様々な項目を意識することが重要となります。
上尾市職員採用試験の筆記試験対策は、一般的な教養を平均的に見るものであるため、特に有効な試験対策はありません。しかし、試験問題は決して簡単な内容のものばかりではないため、その出題傾向を知る上で自治体別問題集をチェックしておくことが非常に効果的です。面接対策は市職員に必要な基本的な人間性をチェックする内容となっているため、一般的な面接試験と同じようにしっかりと相手の話を最後まで聞き、十分に考えてゆっくりと答える訓練をしておくことが有効です。
募集職種によっては、小論文の試験があります。小論文対策は文章を書くのが苦手な人の場合には事前に文章をある程度の速度で書くことができるよう、訓練をしておくことが有効となります。


上尾市職員採用試験対策問題集

上尾市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。上尾市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に上尾市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。上尾市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、上尾市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。