暗記が苦手な方のための「暗記のコツ」とは?暗記科目はこれで突破

公務員採用試験対策で、キーワードの一つになるのが「暗記」です。知識を求められる科目においては、暗記できているかどうかが、回答の分かれ道になるでしょう。

公務員採用試験の暗記科目の特徴と共に、効率よく暗記するためのコツを紹介します。

「暗記が苦手で勉強がはかどらない…」という方にとっても役立つ内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

公務員採用試験における「暗記科目」とは?

公務員採用試験の一次試験内容は、非常に幅が広いです。「教養科目」と「専門科目」の、合わせて30科目から出題されます。(※教養科目のみで受験可能な試験もあり)

幅が広い分、効率の良い学習を求められる公務員採用試験。「初心者でも手を出しやすい」と言われているのが、いわゆる暗記科目です。

暗記科目は、とにかく情報を知ってさえいれば回答できますから、難しいことを考える必要はありません。学習方法もいたってシンプルです。

また全く知らない事柄を、一から大量にインプットするためには、それなりの時間が必要です。受験を決めたら、できるだけ早い段階から学習をスタートすることで、その後の流れをつかみやすくなるでしょう。

では公務員採用試験における暗記科目とは、どの科目のことを言うのでしょうか?以下を参考にしてみてください。

【教養科目】

  • 社会科学(政治・経済・法律)
  • 自然科学(生物・地学)
  • 人文科学(世界史・日本史・地理)

【専門科目】

  • 行政系(政治学・行政学・社会政策)
  • 法律系(憲法・行政法・民法・労働法・刑法)
  • 経済系(ミクロ経済・マクロ経済)

教養科目と専門科目では、一部内容が重なる部分もあります。どちらも対策する必要がある場合、教養科目のみで覚えていくのは非効率的です。専門科目の内容を学習しながら、教養科目の範囲にまで幅を広げて対処していきましょう。


「暗記=丸覚え」ではない

暗記科目がはっきりしたところで、次は「暗記が苦手…」という方に役立つ情報を紹介します。

人間が一度に覚えられる量には限界があります。個人差はありますが、公務員採用試験の範囲すべてを漏れなく暗記できる人は、ごく稀でしょう。

暗記科目に対して苦手意識を抱えている方は、情報を関連付けて覚えていくのがおすすめです。

暗記が苦手な方にとって、点数が伸びにくいのが専門科目法律系ですが、「なぜそうなるのか?」を意識しながら学習するだけでも、細かな情報が頭の中に残りやすくなります。

また、実際の判例や条文を参考にするのもおすすめです。法律の内容と自身のイメージを結び付けながら覚えることで、記憶として定着しやすくなります。そのイメージから別の法律を紐づけられれば、そちらも一気に暗記可能になるでしょう。

どの科目でも暗記のポイントになるのは、情報と情報の結びつきです。

  • なぜこうなるのか?
  • そのあとどうなるのか?
  • このような場合にはどうするのか?

このような思考回路で、単純に「覚える」のではなく、「理解してインプットする」という流れを意識してください。

もちろん人間ですから、一度覚えても、またすぐに頭の中から抜けていってしまうかもしれません。単語だけで覚えようとした場合、忘れたときには何も残らないでしょう。

しかし別の言葉やイメージと紐づけて理解した言葉は、そう簡単には抜け落ちません。関連する事柄をきっかけにして、「そうそう、そうだった!」と思い出せる可能性も高くなります。

この「忘れる→思い出す→再度インプットする」という流れで学習を進めることで、暗記科目を徐々に得意科目にしていけます。

時間をかけて取り組むのがベスト

公務員採用試験の暗記科目のコツは、時間をかけて取り組むことです。出題範囲が広いので、短期間での対応はほぼ不可能と言って良いでしょう。できるだけ早く暗記し始めることで、無理なく学習を進めていけます。

「公務員採用試験を受けようと思っているが、まず何をするべきかわからない」という場合も、とにかく暗記科目からスタートしておけば間違いありません。試験内容や出題傾向をリサーチしたら、自分にとって必要な暗記科目の学習をスタートしましょう。

出題範囲をざっと学習したら、徹底的に過去問や予想問題集を解いてみてください。暗記できていない分野や、不得意分野が明らかになるはずです。

解けなかった問題を「なぜできなかったのか?」を分析しながら、再度暗記に取り組みます。最初は正答率が低くても、頭の中に情報が蓄積されれば、徐々に解ける問題も増えていくはずです。

暗記科目は時間をかけて対策するのがベストですが、学習をスタートするタイミングによっては、それが難しいケースもあるでしょう。この場合、暗記の範囲を絞り込むのがおすすめです。

たとえば専門科目の法律系の中でも、刑法や労働法は暗記するべき内容が少ないという特徴があります。シンプルな問題が出題される傾向があるので、それほど手間をかけなくても正解できます。

出題数の多い問題や全体の傾向は、過去問からリサーチ可能です。

専門科目は特に「暗記」が重要 早めの対策で合格をつかもう

公務員採用試験の専門科目は、特に暗記が物を言います。どれだけの量を覚えられるかで、合否が決まると言っても過言ではないでしょう。

まずは基本的な知識を身につけ、その上で応用知識を暗記していくのが効率的です。「問題を解く→覚える→忘れる→もう一度解く→覚え直す」のサイクルで、ひとつひとつ確実に覚えてください。

精度の高い予想問題集を使えば、暗記範囲の絞り込みにも役立ちます。自分に合った学習方法で、暗記に対する苦手意識を克服しましょう。