坂東市職員採用試験対策 受験情報まとめ

坂東市職員採用試験対策 基本情報

坂東市は平成17年に岩井市と猿島町が合併して誕生した、水と緑につつまれた自然豊かな田園都市です。茨城県の南西部に位置し、利根川を挟んで千葉県野田市と接する茨城県への玄関口となっています。区域は首都50km圏内で、全域が首都圏近郊整備地帯に指定されています。中心部は猿島台地と呼ばれる平坦な台地で、田・畑地が広がるなか、多くの平地林や白鳥の飛来で有名な菅生沼など良好な自然が残されています。市の人口は平成 7 年が人口増加のピークで、その後減少に転じ1 世帯当たりの人数も減少傾向にあります。就業人口は製造業などの第2次産業の減少が著しい状況です。そのため、沓掛工業団地、つくばハイテクパークいわい、坂東インター工業団地など工業団地を中心に積極的な企業誘致を推進し、雇用の拡大を図っています。基幹産業である農業においては、農業従事者の高齢化が加速する中、持続可能な力強い農業を実現するため、新規就農者への支援、女性農業者・エコファーマーなどの新たな形の農業者への支援を推進するとともに遊休農地対策の促進、農作業の受委託等による土地利用型農業の促進を図り、農業の有する多面的機能の発揮のため、地域資源の保全管理を支援しています。

坂東市職員採用試験対策 募集要項

令和3年4月1日採用 ※事務職のみ掲載

募集人数

事務職A若干名、事務職B若干名

試験方法

第1次試験:教養試験、適応性検査、作文試験、第2次試験:適性検査、面接 試験

日程

第1次試験:9月20日、第2次試験10月下旬

試験の配点

事務職Bで外国語試験又は情報処理技術者試験の合格者は第1次試験において 10点以内の加点

坂東市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

坂東市職員採用試験は前年度の秋ごろに行われるものとなっており、その募集は8月の上旬から9月の中旬にかけて行われるものとなっています。そのため、一般的な試験に比べ募集が早く、また応募期間が1ヵ月弱程度と短いことからそのタイミングを逃さないよう、十分にその日程を事前にチェックしておくことが大切です。早めに募集案内を入手し、その内容を精読しておくことが大切になります。
坂東市職員募集は毎年それぞれの職種によって募集人員が異なっていたり、また募集が行われない職種もあったりするため注意をしなければなりません。実際に採用試験を受ける際には、その試験内容が職種によって異なる場合があるので、この点も募集案内を十分に確認しておくことが大切になります。
筆記試験対策は基本的には一般教養と人間性の試験であるため、特に難解な問題が出題される事は少ないでしょう。しかしその内容を十分に確認しないと時間内に解くことができない場合もあるので、自治体別問題集を利用し回答時間を予測しておくことが重要です。面接対策は基本的には日常的な業務を行う際の対応力をチェックするものとなるため、面接官の話をしっかりと最後まで聞き、これに対して的確に答えられるように訓練をしておくことが有効です。小論文は職種によっては試験が行われることもあるため、その場合にはワークを使って対策すると良いでしょう。


坂東市職員採用試験対策問題集

坂東市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。坂東市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に坂東市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。坂東市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、坂東市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。