ひたちなか市職員採用試験 受験情報まとめ

ひたちなか市職員採用試験 基本情報

ひたちなか市は茨城県中央に位置し、水戸市、那珂市、大洗町、東海村に接しているほか、東側は約 13km にわたって太平洋に面しています。

市内には多くの観光客が訪れる国営ひたち海浜公園や 国内外に航路を持つ茨城港(常陸那珂港区)があり、北関東自動車道の一部を構成する東水戸道路と常陸那珂有料道路によって首都圏方面と連絡しています。

市の人口は平成 24 年をピークに緩やかな減少傾向に入り、今後も減少傾向が続くと予想されています。

県周辺市町村との通勤流動では水戸市、日立市、東海村への通勤が多く、市全体として は昼間人口が夜間人口より少ない流出超過の状態となっています。

市では今後人口が減少していく状況を踏まえ、市全体としてバランス の取れた人口・年齢構成になるように人口を誘導することが必要であり、利便性と快適性を備えた「コンパクトで機能的なまち」になるために、利便性の高い交通ネットワークを生かし、都市活力の創出につながる広域的生産・物流機能を強化しています。そして防災・減災を念頭に置いた都市計画・まちづくりを進め、市街地の快適性や利便性に磨きをかけて「安全で賑わいにあふれ快 適に暮らせるまち」を形成することを目指しています。

ひたちなか市職員採用試験 募集要項

令和4年4月1日採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般5名程度、SPI3  5名程度、高校卒業程度2名

試験方法

一般

第1次試験:教養試験、性格検査SPI3、個人面接

第2次試験:集団討論、個人面接、第3次試験:個人面接

SPI3

第1次試験:能力検査SPI3、性格検査SPI3、個人面接

第2次試験:集団討論、個人面接、第3次試験:個人面接

高校卒業程度

第1次試験:教養試験、性格検査SPI3、個人面接

第2次試験:個人面接、第3次試験:個人面接

日程

第1次試験:9月19日or20日、第2次試験:10月中旬、第3次試験:11月中旬

試験の配点

ひたちなか市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

ひたちなか市の職員を目指すなら、筆記試験対策を十分に行っておくことが大事です。一次試験を通過するために欠かせませんし、余裕を持って面接に臨むうえでもポイントになります。面接対策として重要なのは、ひたちなか市の置かれている状況を正確に把握することです。国営の海浜公園に至る手段としてローカル鉄道を計画するなど、ひたちなか市は地域を発展させることに力を注いでいます。そのための意欲がある人を採用したいと考えており、公式のホームページでもその方針を明確に打ち出しているのです。協働性や積極性を求めていることも書かれており、それらを兼ね備えている人物だと判断してもらうことが欠かせません。ひたちなか市を発展させるために、成長エンジンとして活躍したいことを伝えましょう。
これは小論文対策においても同様となっています。テーマは年によって異なりますが、根底にあるのはひたちなか市にプラスの影響を与えうる課題ということです。自分ならどう取り組むのか考える必要があり、その内容が現職の職員にとっても納得できるものでなければなりません。子育てや介護のサポートにも熱心な市であるため、福祉に関する基本的な理念を知っておくこともポイントの一つです。


ひたちなか市職員採用試験対策問題集

ひたちなか市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。ひたちなか市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊にひたちなか市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。ひたちなか市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、ひたちなか市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。