那須塩原市職員採用試験 受験情報まとめ

那須塩原市職員採用試験 基本情報

那須塩原市は首都圏から150キロメートルの栃木県の北部に位置しています。那須地域は関東随一の清流で知られる那珂川、豊かな森林資源や里山、風光明媚な観光地、数多くの温泉や豊富な食材といった共通の地域資源があり、多くの可能性を秘めた地域であると共に、地域固有の歴史・文化を有した生活・経済圏域を形成しています。また、鉄道や高速道路のアクセスも良好で県北の玄関口としての機能を有しています。平成27年の国勢調査による那須塩原市の総人口は117,146人で、平成22年と比較すると人口増減率は-0.57%となっています。国勢調査の結果を基に将来推計をしたところ、令和7年に114,663人になる見込みであり、その後も緩やかに減少が続く予想となっています。市の人口減少に伴い、近い将来、行政だけでは現在のサービスや地域活動を維持することが困難になってしまうと予想されます。人口が減少した未来にあっても、市民が持続的に幸福な暮らしを続けるために、市民が主体的に活動し、行政では行うことが困難になった活動やサービスの一部を担うことが期待されます。そこで那須塩原市では、シティプロモーションの目的を「地域への参画意欲を高めること」と定義し、地域への参画に対して意欲的な人を増やすことにより、市の活力の維持・向上を目指しています。

那須塩原市職員採用試験 募集要項

令和4年4月採用予定 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般事務A(大卒程度)10人程度、一般事務B(高卒程度)若干名、一般事務C(人材活躍枠)若干名、一般事務D(障がい者枠)若干名

試験方法

第1次試験

一般事務ABD:教養試験 120分、性格特性検査 20分

一般事務C:SPI3 110分

第2次試験

集団面接

最終試験

グループワーク、個別面接

日程

第1次試験:令和3(2021)年9月19日(日)

第2次試験:令和3(2021)年10月16日(土曜日)又は10月17日(日曜日)

最終試験:-

試験の配点

那須塩原市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

那須塩原市職員採用試験をクリアするためには、筆記試験対策と面接対策、そして小論文対策をしっかり行っておくことが大切になってきます。

筆記試験に関しては自治体別問題集を解いておくことが大切であり、近年ではセットになっている問題集も多く重点を抑えているので効率良く学んでいくことができます。

スケジュールをしっかり管理することも大切であり、時間を決めておかないと集中力も途切れてしまうので気を付けましょう。面接は基本的なマナーには気をつけるべきであり、出来ると考えていてもいざ本番になるとできないケースは珍しくないので、話し方や動作など基本的なマナーに気を付けたり定番の質問に関しては返答をいくつか準備しておくこともポイントとなってきます。

どんなに筆記試験に力を入れて対策していても、面接でマイナスな印象を与えてしまうと採用は遠のいてしまうので気を付けましょう。

小論文は一度や二度書いてマスターできるものではないからこそ、繰り返し書いてコツを掴むようにしたり、自分でも何回も読み返して意味がわからない部分はないのかチェックしておきましょう。

他人が読んだときに理解ができて、伝えたいことがわかりやすいか確かめることが大切です。


那須塩原市職員採用試験対策問題集

那須塩原市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。那須塩原市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に那須塩原市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。那須塩原市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、那須塩原市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。