沼田市職員採用試験 受験情報まとめ

沼田市職員採用試験 基本情報

沼田市は群馬県の北部に位置し、赤城山や武尊山など日本百名山に挙げられる山々に四方を囲まれています。恵まれた自然と豊富な温泉群・スキー場・ゴルフ場・史跡・果樹園、関越自動車道沼田インターチェンジによる交通アクセスの良さなどを背景に、日本有数の観光地となっています。また、首都圏の食糧供給基地としての役割を担っているほか、利根川・片品川・薄根川など大小15の河川は、ダムによる発電や防災・首都圏の水がめとしての役割を果たしています。他方、市の人口減少と少子・高齢化は国以上に進み、地域コミュニティを維持することが困難となることが予想されています。観光の形態は個人・家族・小グループによる観光が中心になり、その目的は個性化・多様化しているため、自然、歴史・文化などの資源を生かした観光振興を図っていく必要があるとされています。また、市の中心商店街では空き地・空き店舗が発生し、土地の有効活用が図られていないこともあり、住み続けられるまちづくりのため、健康づくりや子育て支援の充実などをはじめとした取り組みを推進し、観光を軸としつつも商業や製造業、サービス業、農林業などバランスある産業振興を図り、にぎわいのある魅力的な都市空間、歴史や文化に根ざしたまちづくりを目指しています。

沼田市職員採用試験 募集要項 

令和3年4月1日採用 ※事務職のみ掲載

募集人数

一般事務職10名程度、定住促進・社会人特別枠若干名

試験方法

一般事務

第1次試験:教養120分、作文60分、適応性検査20分

第2次試験:集団面接

第3次試験:個別面接

定住促進

社会人特別枠

第1次試験:書類選考

第2次試験:集団面接

第3次試験:作文、個別面接

日程

第1次試験:9月20日、第2次試験:10月17日、第3次試験:11月上旬

試験の配点

沼田市職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

沼田市職員として勤務を希望する方は、各年度の日程に合わせて申し込みをした上で採用試験に挑むということが一連の流れです。試験を突破するには筆記試験対策を十分に行っておくことが大切です。一般的な企業の採用試験の内容とは異なり、事務的な能力を必要とすることが前提にあるので、筆記試験の内容は一般常識や一般教養の他、沢山の選択肢の中から正解を導き出す内容も盛り込んでいます。背景にはスピードを重視しながらもミスを起こさない仕事ができるかどうかを判断することが多く、筆記試験対策ではネット上で販売されている沼田市職員用の自治体別問題集を購入し、不得意な分野があれば徹底的に学習を積むことにより合格に近付くことができます。筆記試験はマークシート方式なので回答しやすいものですが、他にも面接対策と小論文対策も同時に行うことも必須です。面接においてはあまり難しいことではなく、聞かれる質問の範囲は意外と狭い傾向にあるので、この内容もワークを参照して事前に質問に対する回答事例を自ら考えておきましょう。小論文対策では文章を書くことに慣れていない方が多い傾向にありますが、与えられたテーマに対して既定の文字数以上で書くことが求められるので、普段から新聞を読んだりテレビニュースやネットニュースなどから常に新しい情報を覚えておく方法も効果的です。


沼田市職員採用試験対策問題集

沼田市職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。沼田市職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に沼田市職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。沼田市職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、沼田市職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、公務員としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。