尾三消防組合職員試験 受験情報まとめ

尾三消防組合職員試験 基本情報

尾三消防組合は、昭和46年12月1日、愛知県内で4番目の消防一部事務組合として「尾張」の愛知郡日進町(現在の日進市)と愛知郡東郷町及び「三河」の西加茂郡三好町(現在のみよし市)の3町で設立されました。消防本部の名称は、条例で「尾三消防本部」と定めています。平成30年4月1日、消防の広域化により豊明市及び長久手市が新たに加わり、5市町を管轄する消防となりました。組合を構成する豊明市、日進市、長久手市、東郷町は名古屋市に、そして、みよし市は豊田市に隣接しており、大都市近郊のベッドタウンとして、また、自動車産業を中心とした製造業の活発な地域です。管内面積は、129.9平方キロメートルで、宅地開発や土地区画整理事業が進み、全国有数の人口急増地域となっています。消防本部の組織は消防課、予防課、指令課の3つの課と、特別消防隊をはじめ、豊明消防署、日進消防署、みよし消防署、長久手消防署、東郷消防署、南部出張所、西出張所、南出張所という構成で、約330名の消防職員が昼夜を問わず消防活動にあたっています。女性職員が多く働いていることも特徴で、女性職員の割合は4.8%と愛知県内トップクラスです。

尾三消防組合職員試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防吏員 10名程度

試験方法

第一次試験

基礎能力検査(言語、数理、論理、常識、英語)

性格適性検査

※マークシート方式

 

第二次試験

体力測定

個人面接①

個人面接②

試験の配点

日程

第一次試験:令和3年9月19日(日)

第二次試験:体力測定 令和3年10月1日(金)

      個人面接 令和3年10月22日(金)

※第一次試験合格者

尾三消防組合職員試験対策ワンポイントアドバイス

消防士になりたいと考えている方が多くいると思われます。公務員なので安定していますし、社会のためになる仕事なので、良い選択だと評価できます。そこで、尾三消防組合職員試験対策のアドバイスがあります。教養試験対策はスケジュール管理をしっかりして、計画的に進めていくことが大事です。結構範囲が広いので、一つの分野にだけ時間をかけるのはナンセンスです。1次試験に合格するレベルにまでなれば良いので、自治体別問題集を使って出題頻度の高い分野から効率よく対策を講じてください。満点を目指そうとすると時間が足りなくなってしまう可能性が高いです。
また、面接対策も十分に講じた上で挑むべきです。教養試験で良い結果が出ても、面接でアピールできなければ落とされてしまう可能性もあります。自己紹介や志望動機、学生時代頑張ってきたことなど、基本的な質問は問題なく答えられるように用意しておくことをおすすめします。その場で考えて答えようとする方がいますが、良い答えが思いつかないことが多いです。そして、消防士は元気な人が高く評価される傾向にあります。人柄で採用が決まったケースもあるので、元気に挨拶をして、ハキハキ答えることを心掛けてください。


尾三消防組合職員採用試験対策問題集

尾三消防組合職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。尾三消防組合職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に尾三消防組合職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。尾三消防組合職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、尾三消防組合職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。