埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験 受験情報まとめ

埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験 基本情報

埼玉県央広域事務組合は埼玉県のほぼ中央部に位置する鴻巣市、桶川市、北本市の3市により構成され、斎場、消防業務を行う一部事務組合です。平成8年4月1日に消防の広域化が図られ、国のモデル広域の指定を受けて「埼玉県央広域消防本部」が発足しました。平成17年10月1日には、構成市町の一部が合併したことによって新「鴻巣市」が誕生し、新たな枠組みで再出発をしています。管轄する地域の面積は112.61平方キロメートルで、人口は約25万9千人です。消防本部の組織は、消防総務課、予防課、警防課、救急課、指令課をはじめとし、鴻巣消防署、桶川消防署、北本消防署の3つの消防署と、鴻巣天神分署、鴻巣西分署、吹上分署、川里分署、桶川西分署、北本東分署という構成になっています。1消防本部、3消防署、6分署に約330名の消防職員が勤務し、「だれもが安心して暮らせる災害に強いまちづくり」を目指して消防活動を行っています。迅速かつ効率的な消防活動のために、水で火を消す消防ポンプ車と、水が使えない消火現場で活躍する化学消防ポンプ車、そして高所に対応できるはしご車、救助工作車、災害対応多目的車、高規格救急車などの消防車両や装備を備えています。

埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 消防職 10名程度

試験方法

第1次試験(上級試験・中級試験・初級試験)

教養試験、消防適性検査、論文試験

 

第2次試験

面接試験、集団討論・共同作業、体力検査、身体検査

試験の配点

日程

第1次試験:令和3年9月19日(日)

第2次試験:令和3年10月下旬

※第1次試験合格者

埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

埼玉県央広域事務組合消防職員の採用試験は、1次が教養試験120分・小論文60分、2次が面接と体力測定となっています。教養試験対策は3分野中2分野で8割以上の正答率を目指すことで、暗記科目である社会科学と文章理解は確実な得点力が求められます。基本的には中学・高校で学ぶ内容なので、自治体別問題集を繰り返し解いて問題慣れしておくことが大切で、数的処理も学習さえ積めば誰でも高得点が狙える科目です。ただし、試験本番は時間が足りなくなるのが通常なので、何度も練習問題をこなすことがポイントです。なお、通販で自治体別問題集も購入できるため、これらを有効活用しましょう。小論文対策としては、配点が意外と配点が高い傾向にあるため、時間内に既定の文字数に必ず達するようにすることが大切です。文字数が足りなかったり文章の途中で終わってしまっては大きなマイナスとなるため、序論・本論・結論を意識して書く練習をすることが必要です。面接対策では、いかに消防士になりたいかという熱意が高く評価される傾向にあります。自分の考えを簡潔明瞭に伝えることが重要なので、志望動機や集団生活について考えを纏めておきましょう。質問に対して的確に答えることと、話すときは質問した面接官の方を向いてはっきりと話すことを心がけましょう。


埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験対策問題集

埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。埼玉県央広域事務組合消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に埼玉県央広域事務組合消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、埼玉県央広域事務組合消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。