酒田地区広域行政組合消防職員採用試験 受験情報まとめ

酒田地区広域行政組合消防職員採用試験 基本情報

酒田地区広域行政組合消防本部は、山形県酒田市、庄内町、遊佐町を管轄しており、管轄面積は1060.53平方キロメートル、消防職員数は226名です。酒田地区広域行政組合消防本部は、主に4つの課に分かれています。それぞれ、総務課警防課、予防課、救急課、通信指令課に分かれており、これに加え1消防署、8分署が設置されています。消防職員における女性の割合は年々増加傾向にあることを受け、酒田地区広域行政組合消防本部でも、女性の力を最大限に活用していく組織の活性化を推進しており、施設面等の環境整備も整えています。消防職員採用試験に合格したあとは、消防の基礎を学ぶために山形県消防学校で初任教育を受けることになります。消防学校では、消防の責務を正しく認識させるとともに、人格の向上、知識・技術の修得、体力・気力の錬成、規律の保持、消防精神の育成等を目的として、公正かつ効果的に職務を遂行できるよう、教育訓練を実施しています。初任教育では、新規採用職員に対し、基礎的な技術の修得および団体生活を通じて規律と体力・気力の練磨を図り、消防職員としての必要な人格の形成を目的としています。専科教育では、警防・救急・救助・危険物・火災調査・特殊災害等に関する専門的な知識や技術を修得するとともに、職務遂行能力の向上を図っています。実日数112日間、時間数として800時間の教育、研修となっています。

酒田地区広域行政組合消防職員採用試験 募集要項

令和3年度

募集人数(消防A:大学卒程度)(消防B:高校卒程度)(職務経験者)

若干名

第1次試験

消防A・B

試験方法

教養試験 適性検査A 適性検査B

日程

令和3年9月19日(日)

職務経験者

試験方法

職務基礎力試験 職務適応性検査

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

個人面接 体力測定

日程

令和3年10月下旬予定

試験の配点

第1次試験

第2次試験

酒田地区広域行政組合消防職員採用試験対策ワンポイントアドバイス

卒業後の進路として消防士を考えている方が多くいると思われます。消防士は世の中に必要な仕事ですし、安定した収入が得られる魅力的な職業です。危険な現場に出動することもありますが、その分やりがいがあります。そこで、酒田地区広域行政組合消防職員採用試験対策のアドバイスがあります。
まず、教養試験対策はスケジュール管理をして、出題頻度が高い分野から効率よく対策を講じるのがベストです。一つの分野に多くの時間を費やしてしまうと、時間が足りなくなって対策が不十分になる分野が出てきてしまいます。満点を取る必要はないので、全ての分野の対策を講じた方が良いでしょう。スケジュール管理が苦手な方は、1週間ごとに勉強するところを決めておくのが有効です。
また、面接対策も消防士になるためには不可欠です。教養試験よりも面接を重視しているところも多くあります。教養試験の結果が良くても、面接で上手くアピールできなければ落とされてしまう可能性があることをしっかり認識しないといけません。自己紹介やなぜ消防士として働きたいか、長所・短所など想定される質問の答えを準備しておくべきです。大体質問されることは同じなので、あらかじめ質問に対する答えを用意しておきましょう。


酒田地区広域行政組合消防職員採用試験対策問題集

酒田地区広域行政組合消防職員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。酒田地区広域行政組合消防職員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に 酒田地区広域行政組合消防職員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。酒田地区広域行政組合消防職員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、酒田地区広域行政組合消防職員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。