徳島市消防吏員採用試験 受験情報まとめ

島市消防吏員採用 基本情報

徳島市消防局の組織の構成は、消防局に総務課、警防課、通信指令課、予防課、そして消防署が東消防署と西消防署の2つあります。川内分署、勝占分署、津田出張所は東消防署に、国府出張所は西消防署にそれぞれ属するかたちになっています。消防局と東消防署は同じ場所にあります。消防職員の数は全体で約250人です。徳島市消防局では、新しく採用となったあと、消防署等に配属になる前に、初認教育として約6か月間、全寮制の消防学校に入校します。そこで消防士としての基礎的な知識や技能、体力を身につけ、服務規律や安全管理についても学ぶことができます。そのほかにも教育制度が充実しており、従事する業務に応じて必要となる知識や技能を学ぶために専科教育等があるところも魅力のひとつです。さらに、徳島市消防局では4名の女性消防士が活躍していて、女性消防士をサポートする体制も整っています。現在、実際に勤務している女性消防士は、消防署の予防係や通信指令課などの部署に所属しています。福利厚生制度も手厚く、それぞれの能力ややりたいことを生かした部署でいきいきと活躍することができます。

徳島市消防吏員採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数 上級消防吏員2人程度、初級消防吏員3人程度

上級消防吏員

試験方法・配点

第一次試験

基礎能力検査(SCOA)、(適性検査)

 

第二次試験

課題解決力試験:グループワーク試験:ロールプレイング試験:体力試験

(配点は2:1:2:1)、身体検査

 

第三次試験

個別面接

初級消防吏員

試験方法・配点

第一次試験

基礎能力検査(SCOA)、(適性検査)

 

第二次試験

課題解決力試験:グループワーク試験:ロールプレイング試験:体力試験:個別面接(配点は2:1:2:1:18)、身体検査

日程

第一次試験:令和3年9月19日(日)

第二次試験:令和3年10月中旬の指定する2日間

※詳細は第一次試験合格者に文書で通知

第二次試験:令和3年11月中旬

※詳細は第二次試験合格者に文書で通知

徳島市消防吏員採用試験対策ワンポイントアドバイス

徳島市消防吏員採用試験を受けるのであれば、対策のポイントを知っておきましょう。まずは基礎能力検査対策をしっかり行う必要があります。公務員として必要な一般知識が問われることになりますが、社会や人文、自然などの分野から出題が行われるので気をつけておきましょう。時事問題に答えるだけだと勘違いする人もいますが、実際には国語や社会、理科や数学などの問題を解くような試験です。自治体別問題集を購入して知識や解法を身につけていく必要があります。論文試験対策も必要であり、様々な問題が発生したときに臨機応変に対応できるかどうかがチェックされるでしょう。消防吏員にふさわしい回答ができるように自分の考えを整理しておく必要があります。面接も受けることになりますが、集団面接が行われるので、集団であることを想定した面接対策が必要です。個人の場合と違って他の人の発言を踏まえて自分の答えを変化させなければならないこともあるので、こちらも臨機応変に対応できるようにしておく必要があります。周囲の人に協力してもらい、柔軟に対応することができているかどうかチェックしてもらうと良いです。こうした対策を講じておくことによって、試験で納得できる力を発揮しやすくなります。


徳島市消防吏員採用試験対策問題集

徳島市消防吏員採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。徳島市消防吏員採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に徳島市消防吏員採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。徳島市消防吏員採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、徳島市消防吏員採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。