豊橋市消防職採用試験 受験情報まとめ

豊橋市消防職採用試験 基本情報

豊橋市消防局は、総務課、消防救急課、予防課、通信指令課の4つの課がある消防本部と、中消防署、南消防署の2つの消防署からなる愛知県豊橋市の消防局です。37万人以上の人口が暮らす豊橋市で、約330名の消防職員が日々の安全を守るための消防活動をしています。消防本部の消防救急課では、大規模訓練や救命講習の企画なども担当しており、緊急時に備えて防災の知識や意識を広める取り組みもしています。豊橋市では平成27年3月に「豊橋市女性職員の活躍推進のための取り組み指針」が策定され、同年8月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されたことにより必要な見直しが進められ、平成28年3月に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく豊橋市特定事業主行動計画」が策定されています。豊橋市消防本部はこれに基づき、女性が輝く職場を目指して、女性活躍推進事業を展開していますので、性別を問わずさまざまな形で消防活動に携わることができます。また、消防本部独自の「豊橋市消防本部人材育成基本方針」を策定し、変わりゆく時代にも対応できる消防職員の育成にも力を入れています。

豊橋市消防職採用試験 募集要項

令和4年度

募集人数  10人程度(救急救命士と合わせて10人程度)

試験方法

第1次試験

WEB面接、適性検査、教養試験、体力測定

 

第2次試験

一次個人面接

二次個人面接、集団討論

試験の配点

日程

第1次試験:

WEB面接 令和3年6月14日(月)~7月2日(金)のうち、個別に指定する平日の1日

教養試験、適性検査、体力測定 令和3年7月11日(日)

 

第2次試験:

一次個人面接 8月上旬で指定する平日の1日

二次個人面接、集団討論 8月中旬で指定する平日の1日

豊橋市消防職採用試験対策ワンポイントアドバイス

豊橋市消防職採用試験は、教養試験と面接に分かれており、教養試験では一般的な社会人の基礎知識が問われることとなります。基本的には高校卒業程度の数学の知識とその他の知識を持っていれば特に難しい問題ではないと考えられますが、様々なひっかけ問題なども過去に多数出題されているため、これらに惑わされないような基礎知識を十分に復習しておくことが重要な教養試験対策となっています。
そのため学力を低下させないようにするため、日ごろからスケジュール管理を確実に行い、積み重ねて学習をするようにすることが重要なポイントとなります。過去に出題された問題が再度出題されることも多いのですが、様々な数値や条件等が変更されている場合も多いため、自治体別問題集を参考にして答えではなく解き方を十分に習得しておくことが必要です。
面接対策は、基本的な社会人の常識を態度に表せるよう、その基本的な振る舞いなどを学習しておくことが必要となります。質問内容はそれほど難しいものではなく、一般的な教養や自分の思いを的確に相手に伝える技術など、一般的な面接対策で基礎的な内容と思われることを確実に行っておくことが重要であり、これらを自分の言葉で面接官に的確に伝えることができるようにしておくことが必要です。


豊橋市消防職採用試験対策問題集

豊橋市消防職採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。豊橋市消防職採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に豊橋市消防職採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。豊橋市消防職採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、豊橋市消防職採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、消防士としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。