福井県警察官採用試験 受験情報まとめ

福井県警察官採用試験 基本情報

福井県警は「安全で安心して暮らせる福井の実現」を令和3年の運営指針としています。

今年度は、「子ども、女性、高齢者を守る対策および犯罪を防止する取組の推進」「県民の安全を脅かす犯罪の徹底検挙」「特殊詐欺、暴力団犯罪などの組織犯罪対策の推進」「子どもと高齢者の安全確保など総合的な交通事故抑止対策の推進」「テロ、大規模災害等緊急事態対策の推進」「業務の効率化・デジタル化などの治安基盤の充実強化」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の福井県警察官の人数は約2,000人です。

福井県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内11警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

地域の安全を最前線で守る交番員も、悪質交通違反者を取り締まる白バイ隊員も、凶悪事件に立ち向かう捜査員も、みんな第一歩はここ「警察学校」から巣立ちます。一人前の警察官となるため、現場経験豊かな教官の厳しくも愛情あふれる指導のもと、志を同じくする仲間と寝食をともにし、絆を深めながら、現場で必要な知識・技能・気力・体力を身につけていきます。

福井県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性44名 女性8名

 

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 適性検査Ⅰ

 

日程

令和3年7月11日(日)

 

第2次試験

試験方法

論文試験 身体的条件検査 体力試験 段位加点 口述試験 適性検査Ⅱ 資格加点

 

日程

令和3年8月22日(日)、23日(月)~25日(水)のうち指定した2日間

 

試験の配点

第1次試験

教養試験100点 資格加点5点

 

第2次試験

論文試験50点 体力試験50点 段位加点10点 口述試験200点

 

募集人数(警察官B)

男性(福井県19名、愛知県5名、滋賀県5名、京都府5名)

女性3名

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 適性検査Ⅰ

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

作文試験 身体的条件検査 体力試験 段位加点 口述試験 適性検査Ⅱ 資格加点

日程

令和3年10月24日(日)、25日(月)~26日(水)のうち指定した2日間

試験の配点

第1次試験

教養試験100点 資格加点5点

第2次試験

作文試験50点 体力試験50点 段位加点10点 口述試験200点

福井県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

福井県警察官採用試験を受験するのであれば、合格するための秘訣を知っておくと良いです。この試験を受ける場合は、資格加点という制度が利用できることを知っておきましょう。柔道や剣道の初段以上を取得している場合、一定水準以上の語学資格を有する場合には資格加点が適用されます。

加点があれば周囲と差をつけやすくなるので、段位や資格を保有する場合は申請を忘れないようにしてください。柔道や剣道の段位をすぐに取得することはできませんが、外国語資格であれば福井県警察官採用試験までに取得できる可能性があります。試験までに時間があるのであれば、資格加点を狙って外国語の勉強をしてみることもおすすめです。

ただし、資格加点が適用されたとしてもその他の得点が低ければ意味がなくなってしまうかもしれません。教養試験では一般常識が問われることになり、資格を取得していても一般常識がないと判断されると不合格になるかもしれません。

加点を狙って武道や資格取得に励むことも良いですが、それと同時に教養試験の対策もきちんと行っておくことが重要です。資格加点と教養試験の対策のどちらにも力を入れておくのであれば、福井県警察官採用試験に合格できる確率を高めることができるでしょう。


福井県警察官採用試験対策問題集

福井県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。福井県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に福井県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。福井県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、福井県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。