新潟県警察官採用試験 受験情報まとめ

新潟県警察官採用試験 基本情報

新潟県警は「県民が安心して暮らせる安全な新潟の実現~県民とともに、県民のために、力強い警察~」を運営指針としています。

今年度は、「効果的な犯罪防止に向けた取組の推進」「安心感を高める街頭活動の強化」「悪質・重要犯罪、組織犯罪の徹底検挙」「子ども・女性・高齢者などの犯罪被害等の防止」「サイバー空間の安全安心の確保」「交通事故防止対策の推進」「災害・テロ等緊急事態対策の推進」「相談・要望に対する誠実かつ組織的な対応」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の新潟県警察官の人数は4,192人です。

新潟県警察の本部組織は主に6つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・地域部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、新潟市警察部、警察学校と県内29警察署が存在しています。

警察官としての第一歩は警察学校から始まります。警察学校では法学のほか警察実務、術科訓練など警察官として必要な知識、技能を修得しますが、基礎から段階的に学ぶため、全く初めてでも心配はありません。同じ志を持つ同期生と励まし支え合いながら厳しく、つらいことも乗り越え、一人前の警察官となって警察学校を巣立ちます。

警察学校に入校後、警察官A(大卒者)採用は6カ月間、警察官B(大卒者以外)採用は10カ月間、警察学校において初任教養を受け、警察官に必要とされる基礎的な知識、体力、礼式などを修得します。警察学校卒業後も、警察署への配属や警察学校への入校を繰り返し、一人前の警察官となるために必要な教養や実習を受けます。

新潟県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性58名程度 女性8名程度

第1次試験

試験方法

教養試験 体力検査Ⅰ

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

論文試験 体力検査Ⅱ 適性検査

日程

令和3年5月30日(日)

試験方法

身体検査 面接試験

日程

令和3年6月18日(金)~7月14日(水)のうち、第1次試験合格通知で指定する日時

試験の配点

第1次試験

教養試験50点

第2次試験

論文試験30点 面接試験130

募集人数(警察官B)

男性16名程度 

第1次試験

試験方法

教養試験 体力検査Ⅰ

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

作文試験 体力検査Ⅱ 適性検査

日程

令和3年5月30日(日)

試験方法

身体検査 面接試験

日程

令和3年6月18日(金)~7月14日(水)のうち、第1次試験合格通知で指定する日時

試験の配点

第1次試験

教養試験45点

第2次試験

作文試験30点 面接試験130

令和3年度 採用試験

募集人数(警察官A)

男性7名程度 女性2名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 体力検査Ⅰ

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

論文試験 体力検査Ⅱ 適性検査 身体検査

日程

令和3年10月9日(土)

試験方法

面接試験

日程

令和3年11月5日(金)~24日(水)のうち、指定する日時

試験の配点

第1次試験

教養試験50点

第2次試験

面接試験130点、論文試験30点

募集人数(警察官B)

男性23名程度 女性7名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 体力検査Ⅰ

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

作文試験 体力検査Ⅱ 適性検査 身体検査 面接試験

日程

令和3年10月9日(土)

試験方法

口述試験 体力検査 身体検査

日程

令和3年11月5日(金)~24日(水)のうち、第1次試験合格通知で指定する日時

試験の配点

第1次試験

教養試験45点

第2次試験

面接試験130点、論文試験30点

新潟県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

新潟県警察官採用試験には5月試験と9月試験とがあります。受験申し込みをした後第1次試験を経て2次試験を受け、最終的に合格をすると採用候補者名簿に登録され内定をもらい、採用となります。

試験内容は第1次試験で教養試験と体力検査が行われ、第2次試験で論作文と体力検査、適性検査や面接などが行われます。教養試験では人文科学や自然科学、文章理解や判断推理など一般的な知識と知能について問われ、択一式の筆記試験となります。

資格加点はありませんが、武道分野で受験する場合は必須解答数や時間が若干異なっており、通常50問が必須解答のところ45問であり、時間も15分ほど短いです。ただし武道分野では体力検査ではなく実技試験が課せられており、柔道では打ち込みと乱取り、剣道は基本打ちと地稽古となります。

新潟県の場合海と山の両方があり、さらに雪も大変多い地域です。そのため教養が身についているのはもちろんのこと、体力もある程度が必要であり、忍耐強さもなくてはなりません。第1次試験の体力検査では腕立て伏せや反復幅とび、立ち幅跳びが行われ、1種目でも0点があれば不合格となってしまいます。日ごろから体力と瞬発力をつけておくことが大切です。


新潟県警察官採用試験対策問題集

新潟県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。新潟県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に新潟県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。新潟県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、新潟県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。