滋賀県警察官採用試験 受験情報まとめ

滋賀県警察官採用試験 基本情報

滋賀県警は「県民の期待と信頼に応える力強い警察」を運営指針としています。

今年度は、「治安の良さを実感できる犯罪抑止対策の推進」「悪質犯罪の徹底検挙」「交通事故の抑止と交通秩序の確立」「大規模災害・テロ等危機管理の推進」「治安の最前線を支える警察基盤の充実・強化」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の滋賀県警察官の定員数は2,150人です。

滋賀県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内12警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、警察学校に入校します。

一人前の警察官になるためには、厳しい訓練を乗り越える精神力はもちろんですが、何より悪を許さないという揺るぎない正義感が求められます。本校では現場を想定した訓練を数多く取り入れ、第一線で即戦力となれる警察官の育成を目指しています。

ここで学ぶことは、職務に必要な知識と技能を身につけることに留まりません。絶対に悪にひるまない、揺るぎない旺盛な気力や体力の錬成に励み、県民から信頼される、素直で豊かな人間性を育むことまでを目標としています。そうした方針のもと、兄弟姉妹同様の同期生や親代わりとなる教官と苦楽をともにしながら、警察官としての礎が築き上げられていき

ます。

滋賀県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性5名程度 女性2名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 作文試験(2次試験で採点)

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

身体検査 身体精密検査 適性検査 体力試験

日程

令和3年10月中旬

試験方法

口述試験

日程

令和3年11月下旬

試験の配点

第1次試験

第2次試験

募集人数(警察官B)

男性12名程度 女性4名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(高校卒業程度) 作文試験(2次試験で採点)

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

身体検査 身体精密検査 適性検査 体力試験

日程

令和3年10月中旬

試験方法

口述試験

日程

令和3年11月下旬

試験の配点

第1次試験

第2次試験

滋賀県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

滋賀県警察官採用試験を受けるのであれば、合格するための秘訣を知っておくと良いでしょう。筆記試験や体力測定、面接などを受けることになりますが、まずは身体検査の対策が必要です。

体力づくりはすぐに成果が出るものではありません。試験の直前に始めたとしても、合格できるだけの体力をつけることができていない可能性が高いと言えます。普段から運動する習慣を持っていないのであれば、定期的に筋トレや走り込みなどを行って体力を向上させておくことが重要です。早い時期から身体検査の対策を講じておけば、選考で通過しやすくなります。

教養試験対策も重要であり、一般常識だからといって余裕だと考えないことが大事です。一般常識があると思っている人の中には対策が不要だと考える人もいますが、日常的にはあまり使用しない計算方法や知識が問われることもあります。対策不足であれば、知っているはずなのに思い出せないという問題を経験する可能性が高いです。教養試験対策は自治体別問題集で行うこともできるので、日常的に知識を補強しておくことが大切だと言えます。

こうした部分に注意しながら滋賀県警察官採用試験に向けて行動しておくと、合格できる確率が高まるでしょう。


滋賀県警察官採用試験対策問題集

滋賀県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。滋賀県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に滋賀県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。滋賀県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、滋賀県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。