鳥取県警察官採用試験 受験情報まとめ

鳥取県警察官採用試験 基本情報

鳥取県警は「県民の期待に応える警察~安全で安心な鳥取県を目指して~」を運営指針としています。

今年度は、「総合的な犯罪抑止対策の推進」「重要犯罪等の検挙と組織犯罪対策の推進」「交通死亡事故抑止に資する総合対策の推進」「テロの未然防止と緊急事態対策の推進」「警察活動基盤の充実強化」に重点を置き活動しています。

令和3年4月1日現在の鳥取県警察官の人数は1,170人です。

鳥取県警察の本部組織は主に5つの部署に分かれています。

それぞれ警務部・生活安全部・刑事部・交通部・警備部と分かれており、これに加え、警察学校と県内9警察署が存在しています。

警察官採用試験に合格したあとは、全寮制の警察学校に入校します。

初任科生として、警察官として基本的な知識、技能を修得するための木曽方角、警察実務などの座学と、逮捕術、柔道、剣道、拳銃操法などの術科訓練を6カ月または10カ月かけて行います。

警察学校では、初任科と初任補習科の供用期間を過ごすこととなります。同じ目標を持つ同期生と寝食をともにし、励まし合いながら責任感、使命感、連帯感を培います。

そして卒業時には同期の仲間たちとの絆を持ち、第一線へと巣立っていきます。

鳥取県警察官採用試験 募集要項

令和3年度 第1回採用試験

募集人数(警察官A)

男性10名程度 女性5名程度 チャレンジコース4名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 適性検査 資格加点

※チャレンジコース:基礎能力試験 適性検査

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論(作)文試験 身体検査 体力検査

日程

令和3年6月28日(月)~30日(水)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験150点 資格加点20点

第2次試験

人物試験500点 論文試験200点

募集人数(警察官B)

チャレンジコース3名程度

第1次試験

試験方法

基礎能力試験 適性検査

日程

令和3年5月9日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論(作)文試験 身体検査 体力検査

日程

令和3年6月28日(月)~30日(水)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

第2次試験

人物試験500点 論文試験200点

令和3年度 第2回採用試験

募集人数(警察官A)

男性3名程度 女性2名程度 チャレンジコース4名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 適性検査 資格加点

※チャレンジコース:基礎能力試験 適性検査

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論(作)文試験 身体検査 体力検査

日程

令和3年11月2日(火)~5日(金)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験150点 資格加点20点

第2次試験

人物試験500点 論(作)文試験200点

募集人数(警察官B)

男性21名程度 女性6名程度

第1次試験

試験方法

教養試験(大学卒業程度) 適性検査 資格加点

※チャレンジコース:基礎能力試験 適性検査

日程

令和3年9月19日(日)

第2次試験

試験方法

人物試験 論(作)文試験 身体検査 体力検査

日程

令和3年11月2日(火)~5日(金)のうち指定日

試験の配点

第1次試験

教養試験150点 資格加点20点

第2次試験

人物試験500点 論(作)文試験200点

鳥取県警察官採用試験対策ワンポイントアドバイス

鳥取県警察官採用試験を受験するためには、まずは受験日程や試験区分等を十分に確認することが必要です。試験日によって採用予定者数やその内容なども異なるため、これを十分に確認することがポイントとなります。また試験の受付期間にも注意をしなければなりません。締め切りを過ぎると受験資格を得ることができないので、この点は特に意識して準備をすることが必要となってきます。

鳥取県警察官採用試験には資格加点と言うものがあり、これは様々な資格を持っていることで実際の試験の成績に加えて一定の点数の加算がなされるものです。

実際の試験は多数選択式の教養試験となり、一般常識問題を中心に様々な範囲の問題が出題されることになりますが、過去に出題された問題と似た出題がされることもあるので、自治体別問題集で過去の出題傾向を把握しこれに対して適切な答えを導くことができるようにしておくことが重要です。

鳥取県警察官採用試験は基本的には全国の警察官採用試験の日程に合わせて行われ、1次試験が行われた後、その結果を踏まえて合格者が二次試験に進むことになります。二次試験では個別面接のほか作文試験、及び身体検査や体力検査が行われ警察官の適性を見られる試験となるため、この点を意識しておくことが重要です。


鳥取県警察官採用試験対策問題集

鳥取県警察官採用試験の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。鳥取県警察官採用の教養試験情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に鳥取県警察官採用模試が2回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

公務員試験要点解説講座では、判断推理、数的推理、文章理解、社会科学の4分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。鳥取県警察官採用試験問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

公務員試験願書+論文最強ワークでは、鳥取県警採用試験官に刺さる志望動機の書き方や、警察官としての視点をおさえ、制限時間内に合格レベルの論文を書ききるノウハウが紹介されています。