海津市職員採用試験 受験情報まとめ

海津市職員採用試験合格への道のり

海津市職員採用試験 受験情報

海津市は岐阜県の最南端に位置しています。交通、産業、物流等の広域的な拠点である名古屋市や岐阜市、四日市市が30km圏内に位置しており、国道258号と養老鉄道養老線が南北に通っています。海津市の人口は昭和50年から平成7年までは増加傾向にありましたが、その後は減少に転じています。少子化がますます深刻化するなか、子育て世代が安心して妊娠・出産・子育てできる地域づくりを進めるとともに、超高齢社会を見据えた医療・福祉サービスの充実や地域で相互に助け合う仕組みづくりも求められています。海津市は県内でも有数の穀倉地帯で米やトマト等の農産物が特産品となっています。しかし、農業就業者の減少・高齢化により、農業経営の担い手不足が懸念されています。そのためブランド化による付加価値の創出や販路拡大等による経営の安定化、新規就農者数の確保を図ることが求められています。一方で、市の地域経済は製造業が中心となってけん引しています。今後はスマートICが整備されることで企業誘致のポテンシャルが上がり、それに伴う新たな雇用の創出等の効果が期待できます。持続可能なまちづくりに向けて、こうした好機を的確にとらえ地域に根ざした産業と雇用の創出に取り組んでいます。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

海津市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり ※事務職のみ掲載

募集人数

一般行政(高卒程度)若干名、

試験方法

第1次試験:基礎能力検査、性格特性検査

第2次試験:個別面接、集団討論

日程

第1次試験:10月上旬、第2次試験:11月中旬

試験の配点

海津市職員採用試験の問題集はこちら

🌸海津市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

海津市職員採用試験の問題集はこちら