流山市職員採用試験 受験情報まとめ

流山市職員採用試験合格への道のり

流山市職員採用試験 受験情報

流山市は千葉県の北西部に位置し、東は柏市、西は江戸川を隔てて埼玉県三郷市と吉川市、南は松戸市、北は野田市に接しています。首都圏北東部にあたり、都心から25キロメートル圏に位置している水と緑の豊かな自然が息づく住宅文化都市です。平成17年には東京都心との直結鉄道つくばエクスプレスが開業し、東京秋葉原と約25分で結ばれました。流山市は市のブランド価値の向上と、さらなる「住み続けたい」「住みたい」需要の強化のため、「住み続ける価値の高いまち」ブランドを目指したマーケティング戦略が大きな成果を得て、全国的に少子高齢・人口減少の中、若い世代と子どもの人口が増え、市の知名度やイメージの向上につながっただけでなく、全国にとどまらず海外からも先進自治体として注目されるようになりました。この先も、流山市が「選ばれる」まちでありつづけるためには、現状に甘んじることなく市のマーケティング戦略を進化させていく必要があるとされています。令和3年度以降、市のマーケティング戦略は市のブランド価値向上のための推進活動「ブランディング」に注力し、「良質な住環境」「快適な都市環境」が共存する「住み続ける価値の高いまち」の実現を目指しています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

流山市職員採用試験 募集要項

※年度によって若干の改訂あり ※事務職のみ掲載

募集人数

一般行政上級25名、一般行政上級(心理士)若干名

試験方法

第1次試験:教養試験120分、専門試験120分、適性検査20分

第2次試験:集団面接(心理士除く)、第3次試験:個別面接、身体検査、受験資格等の調査

日程

6月実施

第1次試験:6月中旬、第2次試験:7月中旬、3次試験:8月中旬

12月実施(心理士)

第1次試験:12月中旬、第2次試験:1月中旬

試験の配点

流山市職員採用試験の問題集はこちら

🌸流山市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

流山市職員採用試験の問題集はこちら