小千谷市職員採用試験 受験情報まとめ

小千谷市職員採用試験合格への道のり

小千谷市職員採用試験 受験情報

小千谷市の人口は、1960年から50 年間にわたり減少し続けています。また年少人口と老年人口が逆転し、2040年までは年少人口と老年人口の合計はほぼ一定で推移することが予想されています。また15~19歳、20~24歳の転出超過が発生しており、進学や就職を機に市外へ若年層が流出する傾向も続いています。

人口減少と少子高齢化により、生産人口の減少、子育て環境の悪化、子育て環境維持に

対する費用対効果の低下などの課題が将来発生する可能性があります。課題解決のために、高齢者が現役で活躍できるような社会制度の充実、人口流出防止を目的とした経済雇用機能や教育、社会保障などの生活に必要な機能の確保などの取り組みを行っています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

小千谷市職員採用試験 募集要項

※一般事務職のみ掲載

募集人数※1 一般事務(上級・中級) 3名
一般事務(社会人経験者対象) 若干名
一般事務(障がい者対象) 若干名
試験方法 一般事務(上級・中級) 第1次試験:基礎能力検査、各種適性検査、1分間スピーチ

第2次試験:1次試験合格者に詳細を通知

一般事務(社会人経験者対象) 第1次試験:基礎能力検査、各種適性検査

第2次試験:1次試験合格者に詳細を通知

一般事務(障がい者対象) 第1次試験:基礎能力検査、各種適性検査

第2次試験:1次試験合格者に詳細を通知

日程※2 第1次試験:6月上旬

第2次試験:7月上旬

試験の配点

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸小千谷市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */