志摩市職員採用試験 受験情報まとめ

志摩市職員採用試験合格への道のり

志摩市職員採用試験 受験情報

志摩市では「自分たちで出来ることは、自分たちで行っていく」をまちづくりの合言葉に、行政主導でなく、市民を主役としたまちづくりが推進されています。2006年3月から始まった「自立したまちの実現を図ることを目的」とした「まちづくりの基本ルール」づくりは、「まちづくり基本条例市民懇談会」を設置して進め、市民との対話集会や市民からの意見募集を重ねて、2008年8月1日に施行されました。

また、志摩市では市民に毎年アンケートを実施しています。これまで取り組んできた施策に対しての意見にも耳を傾け、これからの施策の方向性に対しても市民の意見を入れているなど、まちづくりの合言葉「自分たちで出来ることは、自分たちで行っていく」が実行されています。

説明会では、より多くの試験情報を得られます。説明会への参加は、面接や論文対策にも有効ですので、ぜひ、説明会に参加しましょう。

志摩市職員採用試験 募集要項

※事務職のみ掲載

募集人数※1 前期 事務職 5名程度、事務職(障がい者対象) 1名程度
後期 事務職 7名程度、事務職(スポーツ枠) 1名程度、事務職(就職氷河期世代対象) 1名程度
試験方法 前期 1次試験 教養試験

適性検査

2次試験 性格特性検査

集団討論

集団面接

3次試験 個別面接
後期 1次試験 事務職、事務職(スポーツ枠)

・教養試験

・事務適性検査

事務職(就職氷河期世代対象)

・社会人基礎試験

2次試験 性格特性検査

集団討論

集団面接

3次試験 個別面接
日程※2 前期 1次試験 6月下旬
2次試験 7月中旬
3次試験 8月中旬
後期 1次試験 9月中旬
2次試験 10月下旬
3次試験 11月下旬
試験の配点

※1,2:年度によって若干の改訂あり

🌸志摩市職員採用試験 合格のヒント🌸

仕事と両立での公務員試験でした。書店で買った参考書で勉強していましたが、範囲が広すぎて困った時に第一志望の市役所の問題集を見つけ、過去問の傾向に合わせた勉強ができそうだと購入しました。仕事で毎日2時間の勉強でしたが、どこの参考書よりもわかりやすい解説でスムーズに勉強ができました。本試験では、この問題集と同じような出題が多くあり驚きでした。春から職員として頑張ります。(東京都 H・Kさん)

友人から公務員試験サクセスの問題集を勧められ購入。自治体別に過去の出題傾向をもとにした問題なので、しっかり勉強することで出題のパターンや解き方のポイントをつかめました。時間との戦いでしたが、過去問のように効率よく対策できたおかげで、地元市役所に合格することができました。この問題集を選んで正解だったと思います。(愛知県 Y・Sさん)

/* イメージマップ(クリッカブルマップ)用コード */